>

日刊 アジアのエネルギー最前線

HOME 】 【自己紹介

ブログ本体へ水力位置図へ
経済指標ダッシュボードへ
囲碁棋譜へゴルフ動画へ政治動画へ原油価格へ鉄鋼価格へ
PC&ゴルフドライバー販売所

2019年3月19日 火曜日

ミャンマー,スーチー女史に迫る中国の圧力,ミッソンダム

極東展開の米軍は本当に抑止力になっているのか (3/17)
米中の貿易戦争,北朝鮮の核問題,日本人はどう考えているか (3/15)
貿易戦争,米国は,いよいよ日本との対峙に (3/13)
中国,欧州はイタリアで混乱,東の韓国は「天下主義」に反発 (3/12)
米中の経済戦争の行く末と,止まるところなき中国覇権 (3/10)

Since 1998 October
(本更新直前996,832
メルマガ含む読者延べ 2,395

終端へ

足立隼夫の主張】 【各国訪問写真記録】 【FaceBook】 【Twitter

サイト内検索

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送



N ****************************************************** N



























***************************************************************************************


日刊 アジアのエネルギー最前線 地図

下記の地図はイメージ,続く文字をクリックしてアクセス願います
Asia Energy Front






元に戻る

*********************************************************** O

新設! PC&ゴルフドライバー販売所




元に戻る

*********************** 今日の本文 ***********************

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送




================================================================================

2019年3月19日 ミャンマー,スーチー女史に迫る中国の圧力,ミッソンダム

ミッソンダム,ミャンマーのイラワジ川,その上流に当たる左岸の大支流,マリ川とマイ川の合流点に,高さ140mのダムを建設して,最大出力600万KWを発電する壮大な計画だが,中国資本が主導して36億ドルの投資を行っている,ミャンマー政府が民主化の直前,急遽中断を決定,

私から見て,このミャンマー政府の抵抗は,習近平政権の進める経済覇権の拡大に対する最初の強烈な打撃であった,何と言っても,予定されている貯水池の面積は390平方キロで,移転対象は47村落に亘り,1万人以上で,少数民族問題も含んで,新生のミャンマーの大問題だ,

ダム事業費の36億ドルは中国企業が負担し,電力の殆どは中国へ送電線を通して輸出される,そうなると,事業から得られる便益は投資する中国が得るわけで,ミャンマーにとっては,日本で言えば,固定資産税に相当するものを得ることになるのだろう,ミャンマーの受電量は小さい,

ミャンマーの民主化が進み,スーチー女史が政治の主導権を握ることとなったが,相当程度進んだミッソンダムを中国は諦めるわけに行かない,習近平政権は何度もスーチー女史を北京に呼びつけて中断しているダム建設の再開を強く促してきた,民主化を標榜しこれを跳ね返してきた

3月17日のアジアタイムスの英文記事,スーチー女史の発言が大きく扱われている,国を挙げての国民のダム反対運動の前に,民主化の旗手であるスーチー女史が,「国民はもっと広い視野で見るべきだ」,と,女史はダムに反対とも賛成とも言っていないが,反対運動批判ともとれる,

スーチー女史は追い詰められているのか,ロヒンギャ問題で国際世論から攻撃されている女史は,中国に頼るしか道がなくなってきているのか,一帯一路の国際会議が,この4月に迫っている,スーチー女史は出席するが,ここでミッソンダムの結論を持って行く必要がある,追い詰められる

ミャンマーについて考えて欲しいのは,ダムの規模の問題は別にしても,国内水力の開発は必至である,米国や欧米にしても日本にしても,まず国内資源の開発が最優先であった,ある程度環境的な犠牲を払っても,国内資源を開発したものが,国際資源の使用を許される,と考える,

ミャンマー内に於ける水力発電への海外資金の投資の場に,BOT的な考え方,即ち,水力を開発した後に,20年~30年の運用の後,施設をミャンマー政府に移管する,この考え方は,今の中国資金にはないのか,この問題については,その変遷を少し時間をかけて議論したい,

参考資料 2019年3月18日16時03分

極東情勢

◆190318 中国のもう一つの憂鬱 「未富先老」迫る
日本経済新聞-2 時間前 https://s.nikkei.com/2uggo4Q
米中首脳会談が4月にも開かれ、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が貿易戦争の回避で合意するとの観測が出ている。実現すれば日本経済にもプラスだが、中国はその先で「中進国の罠(わな)」からどう脱するかという重荷も背負っている。成否は ...

◆190318 【ビジネス解読】中国が狙う「金融強国」、日本に危機
産経ニュース-7 時間前 https://bit.ly/2HqFy9F
巨額の投資マネーを引き寄せる国際金融拠点として世界に冠たる力を誇る米国に中国が迫ってきた。英国の欧州連合(EU)離脱の動きがロンドン金融街に影を落とす一方、中国の習近平政権の政策も追い風に、香港が急速にマネーの吸引力を強めている。

◆190318 焦点:中国革命の「聖地」で不動産ブーム、地方リスクを露呈
ロイター-1 時間前 https://bit.ly/2VZMwps
延安(中国) 13日 ロイター] - 集合住宅の建築模型がずらりと並ぶ中国北西部の地方都市・延安のショールームでは、たくさんの間取り図を眺める ... ここ10年で最長となった不動産ブームを抑制しようと、中国政府は大都市における不動産価格の沈静化に努めているものの、延安のように経済 .... リスクがあるとはいえ、住民の多くは、中国共産党の伝承における延安の役割を考えれば(習近平国家主席も、若い頃、この地域の村で10年 ...

◆190318 習近平からの冷たい視線 中国ナンバー2は“史上最弱の首相”か
文春オンライン-9 時間前 https://bit.ly/2ulLpop
約1時間半の演説中、数十回にわたって手元のタオルで汗を拭っていました。自身のメガネに汗が落ちてしまう場面もあった。習近平国家主席からの冷たい視線を感じていたのではないでしょうか。実際、李氏の演説中、報告がまとめられた冊子を開く素振りを ...

◆190318 EUでのビジネス拡大を望む台湾企業と、中国政府の妨害
Forbes JAPAN-4 時間前 https://bit.ly/2HqE4fM
台湾もEUも、中国による妨害の可能性を否定していないが、いずれもそれによって交渉が停止することはないとしている。欧州委員会の東アジア貿易の担当者は今月、「外交面では台湾よりも中国を重視しつつも、台湾との協定締結はあり得る」と述べた。

◆190318 Googleは米国でなく中国の軍事力を助けている-トランプ大統領が批判
ブルームバーグ-9 時間前 https://bit.ly/2TJoKkJ
トランプ米大統領は16日、アルファベット傘下の グーグルについて、米国ではなく中国軍を助けていると、シャナハン国防長官代行と同様の ... シャナハン氏は14日の上院軍事委員会での公聴会で、中国は「営利事業と軍が一体化している」ため、中国の軍事力は ...

2019年3月17日20時54分 速報

◆190317 China delegation to 'visit Argentina to discuss N-deal'
The Japan News-15 時間前 https://bit.ly/2ub9s9l
Reuters BUENOS AIRES (Reuters) — A delegation from China will visit Argentina this month to discuss the construction of a nuclear power plant, signaling potential progress in a deal that could increase Beijing's deepening influence in the ...

◆190317 Former Chinese energy chief accused of corruption
The Japan Times-7 時間前 https://bit.ly/2HEsUn0
China's anti-graft agency said investigations revealed Bekri — described as “greedy and corrupt” by the watchdog — had ... President Xi Jinping has presided over a much-publicized anti-corruption campaign since coming to power in 2012, which some have compared to a political purge. The energy industry has been a particular target, with several top officials at China's state-owned oil companies ...

◆190317 New US military budget focused on China despite border talk
Asahi Shimbun-12 時間前 https://bit.ly/2W4HHuS
"China is aggressively modernizing its military, systematically stealing science and technology, and seeking military advantage through a ... in 2020, for example, is meant in part to stay ahead of China's nuclear arsenal, which is much smaller than America's but growing. ... Bonnie S. Glaser, director of the China Power Project at the Center for Strategic and International Studies, says the U.S. has been ...

◆190317 China, Indonesia and India emerge as miners of Australia's coal
Nikkei Asian Review-5 時間前 https://s.nikkei.com/2UEmF61
Yancoal sold about 30 million tons of thermal coal for energy production in Australia last year, surpassing ... miners will partner with cash-laden companies from emerging nations, according to the Japan Oil, Gas and Metals National Corp.

◆190317 China posts rising crude oil, natural gas output
China.org.cn-9 時間前 https://on.china.cn/2FhmvfQ
China's crude oil output expanded at a slower pace in the first two months of the year, while natural gas production posted faster growth, according to official data. China's output of crude oil edged up 0.5 percent year on year to 30.69 million ...

◆190317 Suu Kyi pressed for dam decision
Asia Times-3 時間前 https://bit.ly/2Y2UQXd
Amid increased pressure from China to resume construction of the controversial Myitsone hydropower dam in the far north of Myanmar, State Counselor Aung San Suu Kyi has said that the public should think about the project “from a wider ...

◆190317 EU dilemma: how to deal with China
Asia Times-8 時間前 https://bit.ly/2W6sz0g
Beijing is praised for its support for the Iran nuclear deal, its role in the denuclearization of North Korea, its upcoming role in ... “enabling the Union to seek synergies between the EU and third countries, including China, in transport, energy and ...

◆190317 From Hardware to Software: China's 2019 Military Budget and Priorities
The Diplomat-5 時間前 https://bit.ly/2FhtLrU
March has marked the budget season for the United States and China alike. Earlier this month, at the National People's Congress, Beijing announced a 7.5 percentage increase in its projected defence spending over last year. It will spend ...

エネルギー

◆190317 【太陽光発電は人を幸せにするか】(30) 発電所の土砂が家屋を流した 住民 ...
産経ニュース-12 時間前 https://bit.ly/2Tblw4v
静岡県下田市椎原の太陽光発電所の土砂崩落事故。この発電所は事件記者や不動産、太陽光業界関係者の間では有名物件だった。 太陽光発電所の販売元「ルクソニア」(東京都渋谷区)の元担当者が取材に答えた。「下田の発電所は愛媛県の貸金業者と .

◆190317 米国防総省、気候変動で米軍施設への悪影響を警告 (1/3ページ)
SankeiBiz-11 時間前 https://bit.ly/2Hqcu24
米国防総省が、気候変動が同国の軍備や安 全保障に悪影響を与えるリスクを示唆するリポートを発表した。海面上昇によって沿岸部の基地が水没したり、干魃(かんばつ)が原因の山火事で内陸の基地に危険が及んだりする可能性があるという。 3分の2に洪水 ...

インド他

◆190317 China, Indonesia and India emerge as miners of Australia's coal
Nikkei Asian Review-5 時間前 https://s.nikkei.com/2UEmF61
SYDNEY -- The face of Australian coal production is changing as investors focused on environmental, social and ... They also must keep up with growing energy demand in the region, especially in India and Southeast Asia, where renewable energy cannot ... Yancoal sold about 30 million tons of thermal coal for energy production in Australia last year, surpassing ... partner with cash-laden companies from emerging nations, according to the Japan Oil, Gas and Metals National Corp.

◆190317 Huge Scope Of India-Bangladesh Power, Energy Cooperation: Experts
Energy Bangla-14 時間前 https://bit.ly/2Y2UQXd
They said India and China have a bigger role to play in developing a homogeneous and harmonized power market in the South Asian region where any country can send their electricity and buy it as per the need. ... while speaking at the seminar titled “India-Bangladesh Energy Cooperation: Policy Issues and Orientations” at the Sufia ... to import gas from Bangladesh while it has done a big mistake by failing to implement the tri-nation pipeline among Myanmar, Bangladesh and India.

◆190317 India and US Agree to Build 6 US Nuclear Reactors in India
IR INSIDER (blog)-23 分前 https://bit.ly/2UH1bp4
India and the United States have reached an agreement to build six new US nuclear reactors across India. ... It is also the third biggest buyer of oil and plans to reduce its consumption of fossil fuels. India plans to do so by expanding its nuclear energy sources. “Perhaps the most important source of energy for India in the coming decades is the nuclear power, given its huge ... In the same timeframe, it also wants to increase its reliance on clean energy electricity usage by 40 percent.





2019年3月17日 極東展開の米軍は本当に抑止力になっているのか

私も今まで,米軍が,ことあるごとに空母機動部隊を日本近海に走らせたり,巡航ミサイルを搭載した潜水艦を動かしたり,大型爆撃機を飛ばしたり,果たして抑止力になっているのか,大きな疑問を持って来た,勿論,中国を対象としたものだが,中国の今後の経済拡大を考えると,正しい

日本は基本的には軍備を持たないことになっているので,軍事費も抑えに抑えて,GDPの1%程度しか準備していない,一般には,国力の規模に応じて,少なくとも3%ぐらいは常識的な線だと思う,しかし日本の憲法は,外交力によって国際親善を推進することで国を守ることになっている

今日の朝日新聞のGLOBEは,日本の安全保障を守る上での基本戦略について,考えさせられる中短距離ミサイルの問題を扱っている,中国が日本を攻撃してくる前提ではないが,中国自体は,絶対に敵を中国本土に攻撃を仕掛けられにような,緻密な軍備を拡充している,INFが中心

2050年前後には,恐らく沖縄当たりは中国の覇権下に入る情勢であることは,2015年春頃の内外の議論で予測されている,恐らく荒唐無稽ではないと思う,今,トランプが仕掛けている対中経済戦争が目的を達せず,経済的に中国一強の世界が生まれた場合は,中国はそうするだろう

強国が軍備に物を言わせて領土の割譲を迫る,当然あり得る話だと思う,今の日本は,米軍に守られて,安全保障は完全だと日本人は思っているだろうが,現段階でも,極東に於ける短期激烈戦争の実施能力は,明らかに中国が上回っている,朝日のGLOBEが言うことが正しいと思う,

米国が最近になって,INF制限条約から脱退することを明確にしたのは,勿論,中国を想定したものだが,中国の中短距離ミサイルの整備は,遙かに想像を絶している,大まかに言って,射程千キロ以下の地上発射型のミサイルは2000発を超している,極東の短期勝負は中国が優勢だ

米国の長距離戦略ミサイル8000発,と言われているものは,恐らく極東の短期激烈戦争には役に立たない,そのために米国は,INF制限条約から脱退するのだが,さて問題は,中国の2000発を超す中短距離ミサイルの抑止力となる,同じような地上ミサイルを何処に置くか,大問題だ,

台湾に米国のINFを置くのが戦略的には良いのだろうが,準備を始めただけで,中国は戦いを開始する,残るは,フィリッピンと日本だが,少なくとも現状でのフィリッピンは政治的に無理だろう,日本に短中距離ミサイルを配備する方法しかない,そこでGLOBEは深く悩むことになる,

GLOBEは,新たな2000基以上の地上発射型短中距離ミサイルを日本に配備するときに,米軍が配備するのか,日本が配備するのか,これは今まで思考過程から,絶対に必要だから,米国か日本かで悩む,日本はGDPの3%近くまで軍事費を準備しなければ,誰も助けてくれないだろう

2019年3月17日16時0分 速報

◆190317 アメリカのINF条約離脱、真の理由は中国抑止にある
Asahi Shimbun GLOBE-7 時間前 https://bit.ly/2Y3p8JB
アメリカはこのような不均衡状態を打破して東アジアでの覇権を維持するため、日本やフィリピンなどアメリカの軍事的従属国を中国軍の長射程ミサイルの脅威から保護できるようなミサイル戦力(それらはINF条約で禁止されていた)を手にしようとしている。

参考資料 2019年3月16日16時36分

極東情勢

◆190316 北朝鮮、米国は「絶好の機会」を棒に振った 非核化協議を断つと警告
BBCニュース-20 時間前 https://bbc.in/2O6XNBw
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はアメリカとの非核化協議を中止し、核・ミサイル実験を再開するかもしれない。 ... 北朝鮮は寧辺(ヨンビョン)核施設の廃棄を提示したものの、すべての核施設の非核化が実現しない限り経済制裁は解除 ...

◆190316 台風の真ん中にロケット発射!? 中国の最新鋭潜水艇は人類のために働きます
ギズモード・ジャパン-4 時間前 https://bit.ly/2Fjuidb
中国の科学者チームが、海上の上空で台風のデータを直接収集する、気象監視ロケットを打ち上げる無人潜水艇を開発したと発表 ... しかし、今回発表された中国の無人潜水艇なら、雨が降ろうが風が吹こうが、天候の影響が少ない水中を潜水しながら、台風の ...

◆190316 リストラに経費削減、中国ネット企業を襲う「景気減速」の嵐
Forbes JAPAN-9 時間前 https://bit.ly/2Ff0TR1
中国の大手テック企業の間で、リストラや経費削減の動きが起きている。ゲーム大手の「NetEase」や配車サービスの「滴滴出行(Didi Chuxing)」、Eコマースの「京東(JD.com)」は景気の減速や政府の規制強化に直面し、人員削減やコストカットを進めている。

◆190316 中国ネットユーザーの若者に広がる「江沢民ブーム」の謎
Newsweekjapan-22 時間前 https://bit.ly/2JcuD5f
習近平時代に入って言論の自由が制限される一方だと感じる人々は、江沢民時代を何となく懐かしく感じている>. 近年、中国のSNS上で「膜蛤(モーハー)文化」がはやっている。「膜」は崇拝の意味で、「蛤」はカエル。膜蛤文化とは、黒い眼鏡を掛けカエルとよく ...

◆190316 夢見る韓国・文政権は北朝鮮の実態を見つめ直せ
Yahoo!ニュース-10 時間前 https://bit.ly/2Jj1c1n
トナムから列車に乗り込む前に、笑顔で手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。 ... 中国では権力が共産党のトップに集中するが、ベトナムでは権力は共産党書記長、国家主席、首相の3人が分掌する。党書記長といえども ...

◆190316 中国 米朝の対話促す姿勢貫くも…距離感に懸念
テレビ朝日-21 時間前 https://bit.ly/2ubLoTS
北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が15日に会見を開いたと海外メディアが報じました。そのなかで、北朝鮮側はアメリカとの ... これまで金正恩委員長は4度、中国を訪問して習近平国家主席の訪朝を求めてきました。これについて中国側が具体的な時期を ...

◆190316 【主張】ウイグル人弾圧 中国の言い逃れは通じぬ
産経ニュース-11 時間前 https://bit.ly/2TP6cis
大量に強制収容され、虐待や拷問により、「中国化」が進められていると、国際社会が問題視している。 ... ポンペオ国務長官は記者会見で、「中国は宗教や民族の独自性を消そうとしている」と厳しく批判し、イラン、南スーダン、ニカラグアの名も挙げ、「人権侵害という点で中国は抜きんで ... 習近平指導部は「宗教の中国化」を掲げる。 ... 米中両国は、通商問題のほか、南シナ海や台湾など安全保障を含め全面対立の様相を呈している。

◆190316 (朝鮮日報日本語版) 【社説】脅迫を再開した北朝鮮、核放棄の意志は最初 ...
Yahoo!ニュース-7 時間前 https://bit.ly/2O7iq0p
北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は15日、平壌で外信各社を招いた緊急の記者会見を行い「我々は米国の要求に対し、いかなる形であれ譲歩する意志はない」「米国との非核化交渉を中断することも考えている」などと述べた。ロシアのタス通信が報じた。

◆190316 「韓国は米朝の仲裁者ではない」北朝鮮にハシゴを外された文在寅の窮地
Yahoo!ニュース-5 時間前 https://bit.ly/2UDS099
北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)外務次官は15日、平壌で記者会見を開き、「われわれは米国の要求に対し、いかなる形であれ譲歩するつもりはない」とした上で、非核化交渉の中止を検討していると明かした。 これを受け、韓国大統領府の尹道漢(ユン・ドハン)国民 ...

◆190316 中国の米国債保有2カ月連続拡大、通商対立の中-2位の日本も増やす
ブルームバーグ-10 時間前 https://bit.ly/2TMt2XZ
中国の1月末時点の米国債保有残高は2カ月連続で増加した。トランプ米政権との間で貿易を巡る対立が続く中、中国が米国債の購入を増やしていたことが分かった。 米財務省の15日発表によれば、中国の米国債保有は1兆1300億ドル(約126兆円)。昨年12 ...

2019年3月16日11時17分 速報

◆190316 Chinese delegation to visit Argentina to discuss stalled nuclear deal ...
Reuters-6 時間前 https://reut.rs/2F4Jl9d
BUENOS AIRES (Reuters) - A delegation from China will visit Argentina this month to discuss the construction of a nuclear power plant, signaling potential progress in a deal that could increase Beijing's deepening influence in the South ...

◆190316 Depth of China's ties with Pakistan costs India
Asia Times-19 時間前 https://bit.ly/2UCfVpf
It seems that China's “deeper than ocean” relationship with Pakistan is more significant to its national interests than its ... of its national objectives at the UNSC also raise the question of whether India recognizes the criticality of China's power in ..

◆190316 32 Wind Power Projects Cut in Southern China
Caixin Global-14 時間前 https://bit.ly/2W4FxLJ
South China's Guangdong province is abandoning plans to build 32 wind power projects with a total capacity of 1.62 ... from the National Energy Administration (NEA) that older solar and wind projects where construction had not started in the ...

◆190316 Petrobras Had Signed Loan for $10 Billion With China for Oil
Stocks Beat-15 時間前 https://bit.ly/2u8sDAB
Petroleo Brasileiro SA has secured a loan for $10 billion from China Development Bank, as the state-owned, beleaguered oil producer went through its worst ever crude market in over a generation. The lifeline was part of the deal to supply ...

◆190316 Interview: China needs to enhance exploration, cooperation ...
Xinhua-3 時間前 https://bit.ly/2Jg7Cyk
Interview: China needs to enhance exploration, cooperation, innovation for energy security, IEF chief says ... In order to meet new challenges in the energy industry, China should enhance oil and gas exploration domestically to increase oil ...

◆190316 What does China's soft power shift mean?
CGTN (press release)-20 時間前 https://bit.ly/2UK2OTj
The development is unsurprising, with China, the second largest economic power, reiterating the call for globalization when this tenet of the world order is under threat. ... money is flowing into highways, railways and power transmission projects that have brought economic vitality into the region. ... In the new budget for fiscal 2020, he gave greater priority to coal, nuclear and national security than renewable energy and climate change. ... Hundreds plant trees along Yellow River dam.

エネルギー

◆190316 エネルギー業界とブロックチェーンの親和性
新電力ネット (プレスリリース)-17 時間前 https://bit.ly/2Y0SKan
エネルギー業界は、「情報管理が重要な仕事」「参入障壁が高い」という2つの面で金融業界と似ています。エネルギーも発電情報や送電情報、利用情報など電力データを数値管理しています。私たちは、毎月届く電気の請求書の数値で利用料を確認し、支払いを ...

◆190316 幻の揚水発電所「喜撰山発電所」公開 関西電力
毎日新聞-12 時間前 https://bit.ly/2TUlG4w
琵琶湖水系宇治川の水をくみ上げてたくわえ、必要な時に電力を供給する京都府宇治市の揚水式発電所「喜撰山発電所」(出力46万6000キロワット)を、関西電力が報道関係者に公開した。1970年に建設され職員が常駐していたが、95年から遠隔制御を始め、 ...

◆190316 【太陽光発電は人を幸せにするか】(29) 発電所の再生土が崩落 4カ月後の ...
産経ニュース-3 時間前 https://bit.ly/2Tabtg7
豪雨被害が相次いだ平成30年。太陽光発電所も被害が相次いだ。 30年11月6日午後2時20分ごろ、千葉県市原市大桶の大桶公民館近くの市道(通称「うぐいすライン」)で長さ約40メートル、高さ4~5メートルにわたって土砂崩落が発生した。現場では28 ...

インド他

◆190316 US to build six nuclear power plants in India
News24-19 時間前 https://bit.ly/2Y2Lw5U
Last April, Westinghouse received strong support from US Energy Secretary Rick Perry for its India project, which ... The agreement to build the reactors, announced in 2016, followed on from a US-India civil nuclear agreement signed in 2008.

◆190316 India: Coal Production Up during April-February 2018-19
Hellenic Shipping News Worldwide-15 時間前 https://bit.ly/2Jhy6iP
Coal India Limited (CIL) coal production target was fixed 610.00 MT for 2018-19. The coal production during April-February 2018-19 was 527.70 MT as compared to 495.08 MT during corresponding period of previous year with a growth rate of ...

◆190316 How India's policies on oil and 'new oil' differ
Times of India-17 時間前 https://bit.ly/2TbOroR
Good ol' oil: The new policy is a break from the two-and-a-half decade-old practice of having a uniform contractual regime for all sedimentary basins in the country. ... gas as per the government, while the US estimates India holds 1.8 trillion cubic metres of recoverable shale gas. ... more) people can consume data without negatively affecting the consumption opportunities of the other — unlike coal, or oil.

◆190316 Explainer: What the new nuclear deal between India and US is all about
Qrius-52 分前 https://bit.ly/2UzPyk0
India and the US, on Wednesday March 13, signed a deal on closer security and civil nuclear cooperation, after two days of ... and civil nuclear cooperation, including the establishment of six US nuclear power plants in India,” said the joint statement, ... India, which has been the world's third-biggest buyer of oil for more than a decade, is also its largest arms importer. ... The country currently has 15 of its reactors under the International Atomic Energy Agency (IAEA); it also reportedly ...

◆190316 At the sunniest farm on Vietnam, a power surge
VnExpress International-1 時間前 https://bit.ly/2TRDwFo
The Trung Nam Solar Power on Vietnam's south central coast is expected to begin operations next month. Share on Facebook Share on Twitter. Tags: Solar Power Vietnam electricity Vietnam energy Vietnam renewable energy Vietnam solar ...

◆190316 It's lights up at Sembcorp's Myanmar power plant
The Business Times-4 時間前 https://bit.ly/2O4QdY2
Singapore. SEMBCORP Industries is opening its first project in Myanmar today - the US$310 million Sembcorp Myingyan Independent Power Plant (IPP). Construction on the facility in Mandalay was completed last year after the ...

◆190316 India's journey to get gas pipelines to be slow due to infrastructure limits
Business Today-18 時間前 https://bit.ly/2FjdEKJ
India's demand for liquefied natural gas (LNG) is set to rise by about 10 percent this year even as the country adds import ... the carbon emissions intensity of India's economy by one-third, and aims to more than double the share gas has in its energy mix to 15 ... at full capacity by 2022 as it works to complete the entire pipeline grid, India's Oil Secretary M M Kutty told Reuters. ... launched earlier this year in theory should boost natural gas usage in households, transportation and power.
LNG demand journey to be shaky in India, slow due to infrastructure ...

◆190316 Fortum to power India's electric vehicles, plans 700 charging points
Business Standard-13 時間前 https://bit.ly/2FfnDk6
Fortum, one of the world's leading clean energy companies, is eyeing a signal role in powering a wide fleet of electric vehicles (EVs) on ... Beginning with a pilot in October 2017, Fortum marked its foray into the EV charging market in India.

◆190316 Depth of China's ties with Pakistan costs India
Asia Times-19 時間前 https://bit.ly/2UCfVpf
China's actions indicate that terrorism is India's own national problem and the gap between China's policy on “global” ... relationship with Pakistan is more significant to its national interests than its reputation as a responsible rising power. India ...



◆190315 米、国連に対し対北朝鮮制裁履行の引き締めを確認
Yahoo!ニュース-1 時間前 https://bit.ly/2FcxDuq
ポンペオ長官、グテーレス事務総長に会い北朝鮮非核化を議論 ビーガン特別代表もニューヨークで制裁完全履行を議論 米国務省、2018人権報告書から「北朝鮮、すさまじい人権侵害」表現を削除 38ノース、「東倉里ミサイル発射場に新たな動きはない」.




2019年3月15日 米中の貿易戦争,北朝鮮の核問題,日本人はどう考えているか

米中貿易戦争,日本も過去に米国と同じような経済戦争を戦ったことがある,1980年代前半に,日本は米国の貿易圧力に対して,ガット違反だと,今の中国と同じようなことを主張し戦った,そうして結局は日本は妥協した,日本の長期の経済低迷は,この日米の戦いの結果ではないか,

米国には成功体験があるわけだ,米国は結局,日本の経済優位を叩き,それが今の日本経済が米国にひれ伏す状態を生んだ,今の米中戦争は,当時の日米戦争を明らかに思い出させる,ただ中国の場合は,日本と違って,経済拡大を中国の軍事力拡大,世界覇権に結びつける,

「米国は中国に屈しない」,と言う環球時報の記事を取り上げたフォーブスは,日本人と中国人は違うという,日本は米国に屈したけれども,中国人は負けると分かっていても戦争は投げ出さない,アヘン戦争の例を引いて,中国は,恐らく米国に屈することはないだろう,と行く末を見ている

中国は習近平の独裁国家である,独裁国家を安定的に運営するためには,人民への約束を果たすことが,一つの重要な政治的ツールだ,今日3月15日,10日間に亘った全人代が幕を閉じる,習近平政権が,巨大な国家を治めて行くには,漢民族以外も含めた貧困撲滅が約束だ,

事実,習近平政権は,或いは中国共産党政権は,「2020年までに貧困脱却を実現する」,と宣言している,この約束は現実に確実に進んできた,18年時点の貧困人口は1660万人,過去6年間は年平均1300万人以上の脱貧困を実現しており、このままで目標は達成できそうだ,

中国の貧困人口の数字が正しいかどうか,貧困の定義を再確認する必要があるが,それでも確実に貧困削減が進んできたのは事実だろう,問題は,今起こっている米中貿易戦争の影響である,当局は非常に懸念している,影響を最小限にとどめ脱貧困の任務を達成する,と述べる,

北朝鮮の核問題が一転して深刻化してきている,ロイターの報ずるところでは,ロシアのタス通信によると、北朝鮮の崔善姫外務次官は,北朝鮮は非核化に向けた米国との協議を停止することを検討していると発言,他の資料から見ても,明らかに北朝鮮は,核開発再開に駒を進めている

ダイヤモンドオンラインによると,米国の学者達が,北朝鮮の核問題について,詳細な世論調査を行った,内容は複雑だが,「米国民は北朝鮮が核兵器を持ち続けることを望まないが,それを排除するために戦争することも望まない」,と言う,しかし,韓国に攻め込めば戦う,と言っている

日本人の考え方を改めて問いたいものだ,中国覇権拡大を経済を犠牲にしても叩くべきなのか,北朝鮮核問題で何処まで真剣に考えているのか,本来は国会の議論から読み取るべきだが,今の野党の論戦では難しい,もっとも,極東で何が起こっているのか,その理解から始める必要あり


参考資料 2019年3月15日14時51分

極東情勢

◆190315 中国は米国に屈しない 両国の貿易戦争において重要なこと
Forbes JAPAN-5 時間前 https://bit.ly/2O4ueR6
中国紙・環球時報は3月10日、「自国の主権が侵害されることにつながる不公平・不公正な貿易協定を、中国が受け入れることは ... 米国は中国が合意内容を完全に履行していないと判断した場合、自国はいつでも中国製品に懲罰的な関税を課すことができる ...

◆190315 非核化交渉、中断を検討=米国に譲歩せず-北朝鮮次官
時事通信-1 時間前 https://bit.ly/2TI0Q9h
【モスクワ時事】タス通信によると、北朝鮮の崔善姫外務次官は15日、非核化をめぐる米国との交渉について、北朝鮮指導部が中断を検討していると明らかにした。平壌で外交 ... 北朝鮮、ホテル選びで難題要求=米朝会談の舞台裏-ベトナムメディア. 崔次官は「 ...

◆190315 核保有国としての北朝鮮、いかに向き合うか
ダイヤモンド・オンライン-9 時間前 https://bit.ly/2TBXhBJ
ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による2月末の首脳会談は、核軍縮に向けて小さな一歩ですら合意できなかった。このことは、われわれが近い将来、核保有国としての北朝鮮と向き合うであろうことを意味する。

◆190315 迫る20年貧困ゼロ目標=全人代、15日閉幕-中国
時事通信-7 時間前 https://bit.ly/2TFrIXC
【北京時事】中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)は15日、11日間の日程を終え閉幕する。習近平国家主席は全人代の期間中、来年に迫る「貧困ゼロ」の目標実現に強い意欲を表明。中国経済の展望に不透明感が増す中、全力で貧困撲滅を ...
「中国 OR 北朝鮮 OR 一帯一路 OR イラン OR 南シナ海 OR 習近平」のストーリーの画像(Wall Street Journal)

◆190315 中国、外国企業秘密漏えい禁止へ 米中貿易協議で譲歩
Wall Street Journal-10 時間前 https://on.wsj.com/2JfPKDT
【北京】中国は米政府との貿易協議での合意成立に向けて、外国投資に関わる法案を土壇場で見直した。同国に進出する外国企業が技術移転を強要されているとする米国の不満に対応する。こうした譲歩が合意の鍵を握るとみられている。 中国は知的財産の ...

◆190315 北朝鮮の金委員長、ミサイル発射中断を再考する可能性=報道
ロイター-47 分前 https://bit.ly/2T4mZJH
ソウル 15日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、現在行っているミサイル発射の中断措置について、再考する可能性がある。AP通信が北朝鮮高官の15日の発言として報じた。 AP通信によると、北朝鮮高官は、米国はハノイで ...

◆190315 米、国連に対し対北朝鮮制裁履行の引き締めを確認
Yahoo!ニュース-1 時間前 https://bit.ly/2FcxDuq
ポンペオ長官、グテーレス事務総長に会い北朝鮮非核化を議論 ビーガン特別代表もニューヨークで制裁完全履行を議論 米国務省、2018人権報告書から「北朝鮮、すさまじい人権侵害」表現を削除 38ノース、「東倉里ミサイル発射場に新たな動きはない」.


2019年3月13日 貿易戦争,米国は,いよいよ日本との対峙に

今日のABCテレビの,米国の日本に対する防衛費や自動車輸出への厳しい要求が次第に顕在化してきている,と言う番組を見ながら,考えさせられますね,トランプ大統領は,貿易赤字が増え続けていることに,異常な焦りを覚えている,これはまさにトランプの公約の一丁目一番地だ,

米国の貿易赤字の大部分は中国が占めている,中国が47兆円相当に対して,日本,ドイツ,メキシコがそれぞれ7兆円相当程度だから,何と言っても中国の影響が大きい,中国は制裁前の駆け込み輸出が効いてきている,とも書かれていますね,日本は自動車に的を絞ってくる様子だ,

米国は日本に貿易交渉団を送るべく,準備をしているようだが,日本は4月まで待ってくれ,と押しとどめているようだ,貿易交渉については,自動車に絞った上で,輸出台数制限と関税強化で攻めてくるようだが,日本の自動車業界は,台数の制限を決めることには,拒否感が強い,

防衛費は,「現状プラス50」,現状の50%増し,と言われているらしいが,海兵隊の給料までをコストと見ると,想定するには余りにも幅が広すぎて,米軍の日本駐留の意味を問いたださなければ,議論にならない感じである,日本の防衛費と米軍の駐留費とのバランスに話題は移るだろう,

トランプ政権はともかくとして,共和党政権は恐らく,米軍の世界的な配備については,米国の力の源泉である,との認識を持っているはずだから,トランプ政権の間は,日本はじっと耐えるしかないのかも知れない,米軍駐留費のみならず,イージスシステムのコストなど,防衛の議論は続く,

周辺諸国との友好促進という観点から,外交で以て安全保障を確保せよ,と言う議論も勿論ある,それでも,今の極東情勢から考えて,果たして武装強化論なしで対応できるとは思えない,将来を見据えるときに,経済規模に見合った武装強化,GDPの3%が,将来の一つの目処だろう,

米国の対中経済戦争は熾烈を極める,ファーウエイの孟晩舟CFOのカナダでの逮捕は,如何にも唐突であったが,今日発売のニューズウイーク日本語版を見ると,捜査が如何に長く行われていたのか,その実情に驚く,孟晩舟は,既に米国への入国を警戒していた,と報じられている,

特に衝撃的なのは,数年前に米国空港に降り立った孟晩舟や他のスタッフは,航空機を降りた直後に別室に連行されて,携帯,タブレット,パソコンなど,パスワードの投入を要求されて,内容を全部調べられたというのだ,そのときは釈放されたが,令状があったのか,如何にも巧みである

空港に立ち寄ってパソコン開けろ,と言われて,一般には応じられないですよね,3年ぐらいの単位で捜査が進んでいたと言うことか,米国は裁判所の逮捕令状を手にしてから,孟晩舟が友好国カナダの空港に立ち寄るまで4ヶ月待ったという,トランプの単なる取引材料とはなり得ないだろう

2019年3月13日10時58分 参考資料

極東情勢

◆190313 北朝鮮の段階的非核化を否定 実務者協議の米側責任者
朝日新聞-5 時間前 https://bit.ly/2SYPaK1
北朝鮮の非核化をめぐる米朝実務者協議の米側の責任者、米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表は11日のワシントンでの講演で、「我々は非核化を徐々に進めるつもりはない」と述べた。北朝鮮が段階的に非核化を進めれば、その都度「見返り」を与える ...

◆190313 中国、組み立てから高度部品生産に 内閣府が報告書
日本経済新聞-9 時間前 https://s.nikkei.com/2J9SORE
内閣府は12日、世界経済の動向を調べる報告書「世界経済の潮流」で、米中の貿易摩擦が両国や世界経済に与える影響を分析した。中国は生産機械のような付加価値の高い製品や部品の輸出拠点になっていると指摘。米中貿易摩擦によって中国からの輸出 ...

◆190313 イラン大統領、イラク初訪問 関係強化で米国牽制か
朝日新聞-16 時間前 https://bit.ly/2HhczF4
イランのロハニ大統領は11日、2013年の大統領就任後初めてイラクを訪れ、バグダッドでアブドルマハディ首相らと会談した。 ... イランにとって、イラクは乗用車や食料といった原油以外の輸出先としては、中国をしのぐ最大の貿易相手国(昨年3月~11月)に ...

2019年3月12日17時15分 速報

◆190312 ファーウェイと対イラン制裁を結んだ点と線 米当局「潜航捜査」の舞台裏
Newsweekjapan-3 時間前 https://bit.ly/2VT2y4o
米国の要請を受けたカナダ当局による昨年12月の突然の逮捕で、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(メン・ ... しかし、ファーウェイがイランに対する米制裁を回避した疑いに対する米当局の捜査は、トランプ氏の通商政策に起因するものでは ...

◆190312 China official says West using Christianity to 'subvert' power
Aljazeera.com-4 時間前 https://bit.ly/2XPVuHo
Beijing has tightened restrictions on religions it fears are a challenge to the power of the ruling Communist Party. ... China says Western forces are trying to use Christianity to influence its society and even "subvert" the government, warning ...

◆190312 China news: 'Artificial sun' nuclear reactor to be ready THIS YEAR ...
Express.co.uk-14 時間前 https://bit.ly/2F6eieo
Scientists from China have announced that the machine which will hold the 'artificial sun', called the HL-2M Tokamak, could be ... of energy but without the massive amount of deadly radiation which our existing nuclear fission reactors create.

◆190312 Myanmar's Myitsone Dam Dilemma
The Diplomat-17 時間前 https://bit.ly/2EWy4rq
China's increasing pressure over the suspended Myitsone dam in ethnic Kachin state has highlighted Myanmar's dilemma in choosing between environmental protection and safeguarding the great Irrawaddy River, and its political and ... shock and consternation to Beijing's State Power Investment Corporation (SPIC), the main investor in the controversial dam. ... The ministry has long had close links with China's National Energy Administration and the China Renewable Energy ...

◆190312 UPDATE 1-US energy exports a lever in trade talks with China -Perry
Reuters-14 時間前 https://reut.rs/2F0xg4C
U.S. technology on renewable energy and small modular nuclear reactors is also part of what Washington can use as leverage, he said. ... Natural gas emits far less unhealthy pollution and carbon dioxide, the main greenhouse gas, when burned. ... could conceivably prolong tariffs or take other measures if China, or other major buyers, place tariffs on U.S. oil or LNG exports or energy technology.

◆190312 China Exploring Space-Based Solar Power
CleanTechnica-13 時間前 https://bit.ly/2EMDdC4
One problem is current technology limits the transmission of electricity via microwaves to about 100 meters. ... John Mankins, a physicist who led research by NASA into the idea of space-based solar energy in the 1990s, tells NBC News, “If you look at the next 50 years, the demand for energy is ... There is no way coal, oil, wind, geothermal or nuclear can compete with this.” ... World's First Antarctic Expedition Powered Solely By Renewable Energy — Climate Solutions Follow → ...

◆190312 China Boosts Coal To Gas Switching, But Fight On Pollution Gets ...
OilPrice.com-12 時間前 https://bit.ly/2CgsoYR
In its fight against coal emissions pollution, China significantly stepped up its coal-to-natural gas and coal-to-electricity switch to 35 cities last year from 12 cities in 2017, but the next steps to curb stifling pollution levels in cities would be much ...

◆190312 Huge potential for China, US energy cooperation: IEA economist
Xinhua-10 時間前 https://bit.ly/2VVFguJ
HOUSTON, March 11 (Xinhua) -- China and the United States have great potentials in energy cooperation, an International Energy Agency (IEA) economist said Monday. The biggest increase of imports, both oil and gas, is coming from Asia, ...
US to match Saudi Arabia as biggest oil exporter on back of Texas ...

◆190312 Environment protection continues to be one of China's top priorities
China.org.cn-2 時間前 https://on.china.cn/2Chp0N9
China's two most important annual political meetings – the National People's Congress (NPC) and the Chinese People's Political ... The gradual transformation of coal power generators also resulted in an 86 percent reduction in sulphur dioxide emissions, an 89 percent reduction in nitrogen oxides, and 85 percent less smoke dust from 2012 to 2017, according to the China Electricity Council. ... Notably, China's renewable energy investment has swelled by 30 percent from 2016.

エネルギー

◆190312 再生可能エネルギー 新ステージ(上)可視化
神戸新聞-6 時間前 https://bit.ly/2TPKDyl
昨年11月、東京・霞が関。内閣府の専門調査会に、生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)の益尾大祐電力事業統括(44)の姿があった。2016年4月に電力小売りが全面自由化された後の事業環境に関する聞き取りに呼ばれた。益尾統括は「価格競争に ...

◆190312 米石油輸出、ロシア抜き世界2位に IEA予測
日本経済新聞-14 時間前 https://s.nikkei.com/2SWl8qs
【ヒューストン=中山修志】国際エネルギー機関(IEA)は11日に発表した2024年までの石油市場見通しで、米国の石油輸出がロシアを抜き、サウジアラビアに次ぐ世界2位になるとの予測を示した。シェールオイルの生産拡大が続く米国がグローバルの石油の増産 ...

◆190312 マスコミの原発批判激減の裏に電力会社の広告漬け復活が! 関西電力 ...
Litera-6 時間前 https://bit.ly/2Cg3icl
周知のように、3.11以前、東京電力をはじめとする電力各社やその司令塔・電力事業連合会(電事連)は新聞、テレビ、週刊誌などのマスコミに広告を大量出稿することで、原発に批判的な論調を封じ込めてきた。しかし、東日本大震災で未曾有の原発事故が ...

◆190312 石炭火力発電、新設中止相次ぐ 環境規制強化でコスト増
Yahoo!ニュース-5 時間前 https://bit.ly/2NZsfNY
石炭火力発電所の新設計画の中止が続いている。二酸化炭素(CO2)を多く排出する石炭火力は、環境規制の強化で建設費がかさむ一方、金融機関が投融資を控える動きが欧州などで強まっているためだ。「石炭火力は重要なベースロード電源」との立場を ...

◆190312 アフリカの電力事業を重視するビル・ゲイツ、原発にも積極的
Forbes JAPAN-10 時間前 https://bit.ly/2T3jtQ5
国際エネルギー機関によれば、サブサハラ(サハラ砂漠以南のアフリカ)は電力供給の基盤を近代化するため、2035年までに約4000億ドルを必要としている。また、世界銀行グループは低炭素の未来を築くことを目指し、2025年までに世界全体で2000億ドルの .

インド他

◆190312 Myanmar's Myitsone Dam Dilemma
The Diplomat-17 時間前 https://bit.ly/2EWy4rq
China's increasing pressure over the suspended Myitsone dam in ethnic Kachin state has highlighted Myanmar's dilemma in choosing between environmental protection and safeguarding the great Irrawaddy River, and its political and ... shock and consternation to Beijing's State Power Investment Corporation (SPIC), the main investor in the controversial dam. ... Ministry of Natural Resources and Environmental Conservation as well as the Ministry of Electricity and Energy (MOEE).

◆190312 A nuclear nightmare is brewing between India and Pakistan
The Japan Times-20 時間前 https://bit.ly/2F6snsa
The two nations are nuclear-armed; have large conventional armed forces; have had four serious wars since they became independent in ... After the Indian bombing of Pakistani territory, a popular hashtag in India became #Indiastrikesback.

◆190312 US Wants India To Stop Buying Venezuelan Oil
OilPrice.com-9 時間前 https://bit.ly/2VTnAQw
The United States has pressed India to stop buying Venezuelan crude oil as a means of accelerating President Nicolas Maduro's removal from office, which Washington has made its top priority in Latin America recently. “We say you should ...

◆190312 India approves National Mission on Transformative Mobility and ...
Energy Storage News-18 分前 https://bit.ly/2F55KEh
India's Union Cabinet chaired by prime minister Narendra Modi has approved the 'National Mission on Transformative Mobility and Battery Storage', with a focus on local manufacturing across the whole supply chain for electric vehicles (EV) ...



2019年3月12日 中国,欧州はイタリアで混乱,東の韓国は「天下主義」に反発

中国の習近平主席が,3月22日,ローマに到着する,欧州はこの問題で大いに荒れており,EUは大慌てで,その前日にもブリュッセルにイタリアのコンテ首相を呼び,中国の提案する一帯一路構想について協議するという,それはEUを背負うドイツとフランスが,コンテ首相を問い詰める

EUの主要国が,イタリアの中国に対する動きを警戒している一つの要素は,イタリアの地中海に面する港湾施設への中国への投資で,スリランカで起きたような事件,即ち,過剰投資の債務拡大で,中国の地中海への影響拡大を恐れているとされる,単なるイタリアだけの問題ではなくなる

中国の一帯一路構想は,まさに陸路と海路でユーラシアを席巻しようとするものだが,習近平主席の描く絵の中は,中央アジアの陸路を制圧して,今やインド洋から地中海に入る経路まで,実際の動きが出てきている,と言うことだ,橋下さんの沖縄独立論にも,港への中国投資が出てくる

イタリア内部では,習近平主席の来訪に合わせて,一帯一路構想に署名しようとするコンテ首相に対する反対論も,内閣内では起きている,またEU内では,米国で起きていると同じように,ドイツやフランスを中心に,中国の覇権拡大による技術の中国企業への流出が懸念されている,

中国の覇権拡大を恐れる世界,イタリアと両極端にある極東,特に韓国では,中央日報が,「中国式の天下主義を受け入れられるのか」,と論じている,日本では,「中華思想」,と呼ばれるものは,韓国では,「中国の天下主義」,と呼ばれている,朝貢の歴史を持つ朝鮮半島ならではだ,

最近の韓国は,北朝鮮が密接に習近平主席と親密さを増していることや,石炭火力の大気汚染影響への抗議を,習近平主席に一蹴されたこともあって,中国覇権への警戒感が高まっている,それは,その理論を支えたのが中華主義と儒教の位階であるから,と中央日報は見ている,

中国の一帯一路構想を巡って,まさに欧州と朝鮮半島の両極端で波風が起きているわけだが,欧州の懸念は,イタリアの動きの結果の,中国による地中海航路の経済的制覇であり,更に中国の投資の対象が,持続可能であるかどうか,また東の韓国では天下主義への懸念,と対照的だ,

中国の,「天下主義」,と言う過去の亡霊に悩ませれるのは,恐らく,朝鮮半島と,更に西に繋がる中央アジア諸国にもあるであろうし,また一方で,東南アジア,特に中国への傾倒を迷いなく決めているフィリッピン,カンボジア,更にそれに繋がスリランカやモルディブなどは,欧州的悩みだ,

日本は,東南アジア諸国が中国へなびいていく過程を横目に見ながら,米国からの圧力から日中友好に舵を切りつつある中国との微妙な間合いに,神経をとがらせている,海を隔てているだけに,問題は,中国型投資への警戒感と,技術の流出への懸念で,視点は欧州的と言えるのか,

2019年3月12日14時7分 参考資料

極東情勢

◆190312 イタリア「一帯一路」覚書検討、対中でEUと亀裂
日本経済新聞-16 時間前
中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は22~24日、イタリアを公式訪問する。 ... EU加盟国では債務危機に陥ったギリシャやポルトガルなどが投資マネーを求めて中国と一帯一路で覚書を交わした例はあるが、中核国のドイツやフランスなどは距離を置いてき ...

◆190312国連「北朝鮮、核プログラム維持」…ウラン濃縮装備購入を試みた状況も
Yahoo!ニュース-5 時間前
北朝鮮が国際連合の対北朝鮮制裁網を避け、違法な瀬取り(ship-to-ship transfer)方式で石油製品輸入や石炭輸出を増やし ... 北朝鮮が核・ミサイル開発プログラムを維持する中、ウラン濃縮設備を購入しようとしたという状況も捉えられた。 ... 合わせて違法瀬取り支援のために中国やロシア、リビアなどに30人以上の北朝鮮銀行駐在員が常駐中だと明らかになった。 ... トランプ大統領はなぜそこまでイランを目の敵にするのか?

◆190312 <チャイナインサイト>「中国式の天下主義を受け入れられるのか」(2)
Yahoo!ニュース-3 時間前
一帯一路が内部では不均等を解消する目的と結びついているとしても、外部からは「膨張」の試みと疑われかねない。中国は周辺国に脅威でなく協力と共同発展の機会と強調するが、外部では中国の過剰生産を解消する目的という見方がある。最近提起される ...

◆190312 北朝鮮にレクサスなどの高級車 国連が制裁違反を調査
livedoor-1 時間前
同通信は今週中に公表予定の国連の対北朝鮮制裁履行報告書を引用し、国連が約20カ国を対象に制裁違反の有無を調査中だと伝えた。この報告書は国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが毎年2回、安保理に提出するもので、制裁の ...

◆190312 [社説]北朝鮮への監視を強めよ
日本経済新聞-19 時間前
ハノイでのトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長による再会談が物別れに終わってから10日あまり。北朝鮮は対話を続ける姿勢を示す一方で、内部で核・ミサイル開発の継続や制裁逃れといった気になる動きが伝わっており、国際社会は注視する必要が ...

◆190312 中国の「信用されざる者」。飛行機や電車に乗れない人が数千万いる
ギズモード・ジャパン-6 時間前
中国では、犬の散歩の仕方ですら間違えると、自分の信用情報に傷がつき、飛行機に乗れなくなるかもしれない…。 ディストピア先進国である中国の悪名高き「社会信用システム」は、すでに国民の活動の多くを制限していますが、すでに何千万件という単位で ...

◆190312 米朝間の外交「非常に活発」、ミサイル施設注視=米北朝鮮担当大使
ロイター-3 時間前
ワシントン 11日 ロイター] - 米国のビーガン北朝鮮担当特別大使は11日、前月の米朝首脳会談は物別れに終わったものの、米朝間の「外交はまだ非常に活発」だと述べた。北朝鮮が新たなミサイル発射を計画しているかどうかは分からないとし、ミサイル施設の活動を注意深く監視する姿勢を示した。 ... ホワイトハウスのサンダース報道官は、トランプ大統領が金委員長と合意をまとめられなかったため、中国はトランプ氏との首脳会談 ...

◆190312 “スーパータカ派”ボルトン、連日対北朝鮮圧迫…「テコは北朝鮮でなく米国に」
Yahoo!ニュース-1 時間前
FOXニュースに出演し「制裁が北朝鮮に圧迫加える」 「トランプ大統領、『ディールしなければならない』という圧迫感じない… 3回目の首脳会談の門戸は開いているが、時間はややかかるだろう」 トランプ大統領・米行政府の現在の気流を反映したもよう 北朝鮮 ...

◆190312 北朝鮮の最新スマホ「平壌2423」使ってみて“びっくり”
Yahoo!ニュース-1 時間前
イヤホン、ケーブルと共に2年間の保証書も 外国語、天気、娯楽など23個のアプリ 手袋でのタッチスクリーン操作機能も搭載 1300万画素の高性能カメラには顔補正機能も ソフトウェア水準高く…バッテリーのもちが短いのが弱点. 「中国産の部品で組み立て ...

2019年3月10日16時52分現在

◆190310 China's Confucius Institutes have spy agencies and governments ...
ABC News-13 時間前 https://ab.co/2NRK0P6
In 2019, such muted responses seem a world away as China's rising power and quest for soft influence has increased tensions with the US and other western countries, as a key part of this soft power push, Confucius Institutes around the ...

◆190310 Why China must get North Korea to lower its demands for sanctions ...
South China Morning Post-19 時間前 https://bit.ly/2tXhFxL
Why China must get North Korea to lower its demands for sanctions relief in nuclear talks ... China is, of course, not responsible for the failure of the Hanoi summit between US President Donald Trump and .... of crude oil and refined petroleum products, albeit not in the form of an embargo as China successfully manoeuvred to save ... Accepting summit diplomacy without prior concessions amounted to a tacit recognition of North Korea's status as a nuclear power, a point that clearly was ...

◆190310 China's institutions and banks need help from the world's civil society ...
South China Morning Post-2 時間前 https://bit.ly/2VQ7vek
It would also impoverish downstream communities who rely on the natural flow of the river for their livelihood. .... Bank of China insisted that such “opinions” must instead be delivered to the Chinese Embassy, even though Bank of China is directly financing the project. ... projects like the Batang Toru Dam are preventing the BRI from actually being green, and by not engaging with civil society, the ...

◆190310 China's State Grid promises further power price reductions
Reuters Africa-3 時間前 https://bit.ly/2J41ucu
BEIJING, March 10 (Reuters) - China's state-owned State Grid Corp promised further power price reductions for industrial and ... said in a statement on its website that it plans to offer a 10 percent price reduction in the average electricity price.

エネルギー

◆190310 電力需要 原発で対応を 福島民報社インタビュー 経団連会長
福島民報-5 時間前 https://bit.ly/2XIHE9X
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から八年を前に経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)は福島民報社のインタビューに応じた。原発事故発生後に停止した全国の原発のうち原子力規制委員会の新規制基準に適合したものを「どんどん動かさない ...

◆190310 PM2.5で韓国抗議はねつけ石炭火力大増設する中国
Yahoo!ニュース-9 時間前 https://bit.ly/2HqXxvJ
1週間も強烈なPM2.5スモッグに悩んだ韓国のメディアが「責任は中国にある」と叫んだら、中国共産党系の環球時報があっさり一蹴しました。科学的な研究を怠ってきた韓国に自前で改善している中国は強気です。レコードチャイナの《「韓国世論は衝動的」「常識 ...

◆190310 【太陽光発電は人を幸せにするか】(28) 急斜面の発電所 「止める術はない ...
産経ニュース-8 時間前 https://bit.ly/2ELy9Ou
急傾斜地に造成された太陽光発電所。傾斜地の麓にある住民が「建設をやめてくれ」と言っても、現状では止める術がない。 山梨県甲州市勝沼町勝沼。ここの急傾斜地に、パネルを並べた太陽光発電所がある。 地元の建設会社役員が土地とID(売電権)を所有 ...

◆190310 再生の光、復権の風 3・11から8年
中日新聞-11 時間前 https://bit.ly/2VOhbFX
送電線を保有する電力大手は、原発の再稼働や、建設中の原発の新規稼働も前提に、太陽光や風力など再生可能エネルギーの接続可能量を決めている。原発がいつ再稼働してもいいように、再エネの受け入れを絞り込み、場所を空けて待っている。「送電線は ...

◆190310 自由化から3年 電力安売り、合従連衡 サービス多様化は進まず
毎日新聞-14 時間前 https://bit.ly/2CcXbpg
2016年4月に始まった電力小売り全面自由化から間もなく3年。8兆円規模とされる家庭向けなどの市場で、大手電力とガス会社が合従連衡しながら顧客争奪戦を繰り広げている。販売合戦の結果、電力料金は数%程度下がったが、自由化のもう一つの狙いで ...

インド他

◆190310 Why a So-Called "Limited" Nuclear War Between India and Pakistan ...
The National Interest Online (blog)-11 時間前 https://bit.ly/2NQY1wD
Why a So-Called "Limited" Nuclear War Between India and Pakistan Would Devastate the Planet ... In fact, several studies have modeled the global impact of a “limited” ten-day nuclear war in which India and Pakistan each exchange fifty 15-kiloton nuclear bombs ... Many regional governments would turn them back, as they have refugees of conflicts in Vietnam, Cambodia and Myanmar in the past.


◆190309 India seeking extension of waiver on Iran's oil imports
Tehran Times-13 時間前 https://bit.ly/2NSd8pw
New Delhi is negotiating with Washington about extending a waiver of U.S. sanctions on imports of oil from Iran which will ... India is among eight countries with the U.S.' 180-day waivers allowing them to keep importing Iranian oil through May 4. ... The United States reimposed sanctions against Iran last November in a dispute over Tehran's nuclear program, after ... Vincent Campos, a spokesman at the U.S. State Department's energy bureau, would not confirm that India was asking ...




2019年3月10日 米中の経済戦争の行く末と,止まるところなき中国覇権

米中首脳会談は決定したのか,昨日も疑問を投げかけたが,一部,例えばWSJなどは3月27日に決まったような表現,また一部では,交渉が固まっていない段階での首脳会談には,習近平主席が二の足を踏んでいるという,米朝首脳会談の結果を見て震え上がった,と言う表現もある,

米国国内はどうか,トランプ大統領は株式市場の動きを気にしている,少なくとも関税問題は決着したと前のめりだが,米中の間には,関税以上に重要な問題が横たわっている,話が進んでいないのは,国の介入の抑制や知的財産権の保護,新市場の開放,成長産業の国家政策の問題だ

ニューズウイーク日本語版は,トランプ政権内部の揺れ動きをリアルに捉える,強硬派がトランプの前のめりを警戒している,トランプは楽観的だが,米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表
ムニューシン財務長官らが難航と捉え,国家経済会議のカドロー委員長が合意近いと表現,

中国経済はどうなっているか,かっては,成長1%で雇用が100万人,8%で800万人,と言われた時代は過ぎて,今や6%ギリギリ,学者によっては,実質はマイナスに触れているのではないか,と言う衝撃的な話もある,いずれにしても,生まれたばかりの習近平政権にとって,難関である,

中国政府が外国企業に技術移転を強制している問題は,中国も法律の改正に手をつけると言っている,しかし,有本香さんは,法律が出来たからと言って,中国がそれに従う保証は全くない,と言っているように,その点は米国もよく分かっているだろうから,はい,そうですか,とは言えない,

技術移転強制禁止の法令が出来ても,企業は必ず共産党員が配置されるから,共産党が法律だ,と言うこともあり得るのが中国だ,中国出張のパナの長男は,松下幸之助だから大丈夫,と言っているけれど,先日は突然に伊藤忠の社員が拘束された,元社長は中国派の日本大使だった

中国国内の経済深刻化にも関わらず,一帯一路を旗印とした中国覇権の拡大は続く,習近平主席の訪問を前にして,イタリアは一帯一路参加に署名した,G8で初めてである,中国の国家資本主義が続く限り,この拡大は続くだろう,中国の国家財政の赤字は増えているが,まだ3%程度だ

1910年代の日本の進出はどうだったのだろう,当時は日本も忙しかったはずだ,台湾のインフラ,朝鮮半島の水力発電,そうして更に満州鉄道の開発と続く,恐らく典型的な国家資本主義の領土的拡大と続いたのだろう,残念にも全部失ってしまったが,中国は後に何を残そうというのか,

中国の覇権拡大が債務の蓄積だけが目的だとは思えない,今日の朝日のGLOBE,「中国はラオスでいったい何をしているんですか? 中国が造る鉄道とは」,の取材記事は凄い,多くの写真を盛り込んで,中国に飲み込まれていくラオスをリアルに描いている,この行き着く先は何か,

2019年3月10日10時30分

中国と極東情勢

◆190310 トランプと習近平の米中ディールは、そう簡単にまとまらない
Newsweekjapan-19 時間前 https://bit.ly/2EZFU4D
しかし北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長との会談のように、物別れに終わる恐れはないのだろうか。 ... 中国が20年も続けてきた経済姿勢をアメリカが正すことができないとすれば、トランプ以前の4つの政権を悩ませてきた問題に3カ月しか取り組んで ...

◆190310 北朝鮮にID与えず 東京五輪組織委、制裁背景か
東京新聞-2 時間前 https://bit.ly/2UpDMIB
北朝鮮国籍保有者の入国を原則禁じる日本独自の制裁が背景にあり、同国に厳しい姿勢を取る首相官邸に配慮した可能性がある。北朝鮮側は「五輪憲章の精神に反する」と反発、国際オリンピック委員会(IOC)を通して正式に抗議することも検討しているという。

◆190310 北朝鮮のロケット施設が活発化、打ち上げ準備か 米専門家
CNN.co.jp-20 時間前 https://bit.ly/2NRS6r0
(CNN) 北朝鮮の平壌近郊にあるロケット組み立て施設で活動が活発化し、打ち上げの準備が進んでいる可能性があることが衛星画像からわかった。ミドルベリー国際大学院モントレー校東アジア核不拡散プロジェクトトップのジェフリー・ルイス氏が8日、CNNに ...

◆190310 中国はラオスでいったい何をしているんですか? 中国が造る鉄道とは
Asahi Shimbun GLOBE-18 分前 https://bit.ly/2VNtJxk
村上春樹さんが紀行文で「街そのものより、街外れにある飛行場の方がたぶん大きいだろう」と書いた空港は、中国政府の援助で拡張されたものだ。赤橙の ... ラオスは、中国の習近平(シー・チンピン)政権が推し進める対外構想「一帯一路」の一里塚にあたる。

◆190310 なぜ中国の“技術移転強制の禁止”が信用できないか
Yahoo!ニュース-1 時間前 https://bit.ly/2TqBpcd
アメリカとの貿易協議の影響で国内の景気が減速するなか、中国共産党の習近平指導部がどのような経済対策を打ち出すかが ... それともう1つ、いま言われていて注目に値するのは、外国資本の企業にこれまで中国は強制的に技術移転しろとして来たのです ...

◆190310 China's Confucius Institutes have spy agencies and governments ...
ABC News-6 時間前 https://ab.co/2NRK0P6
In 2019, such muted responses seem a world away as China's rising power and quest for soft influence has increased tensions with the US and other western countries, as a key part of this soft power push, Confucius Institutes around the ...

◆190310 Why China must get North Korea to lower its demands for sanctions ...
South China Morning Post-13 時間前 https://bit.ly/2tXhFxL
Why China must get North Korea to lower its demands for sanctions relief in nuclear talks ... China is, of course, not responsible for the failure of the Hanoi summit between US President Donald Trump and .... of crude oil and refined petroleum products, albeit not in the form of an embargo as China successfully manoeuvred to save ... Accepting summit diplomacy without prior concessions amounted to a tacit recognition of North Korea's status as a nuclear power, a point that clearly was ...

◆190310 Reform makes China's major nuclear power producer more competitive
CGTN (press rease)-14 時間前 https://bit.ly/2Ho0qO4
The SOE reform process has seen a lot of hard efforts since China's reform and opening-up began. China says that it will quicken its SOE reform, a move in giving more autonomy and energy to SOEs, to help encourage them to mix with social ...

◆190310 Australian parties look ahead on China
Asia Times-18 時間前 https://bit.ly/2XIoZLr
No matter who wins the next election, managing the China relationship will be tricky – and vital ... Both Pyne and Wong cautioned against allowing tensions between the US and China to divert Australia from ... the scope of the challenge facing the next government, Coalition or Labor, in getting middle-power settings right.

◆190310 China says it never recognised India, Pakistan as nuclear states
Chandler Caller-6 時間前 https://bit.ly/2TqCbpD
span.p-content div[id^=”div-gpt”]{line-height:0;font-size:0}. Friday said it has never recognised India and Pakistan as nuclear powers and ruled out extending such a status to followin he unsuccessful second summit between US President ...

◆190310 NIDCL says likely to sign contract with Power China
Himalayan Times-20 時間前 https://bit.ly/2CcFq9A
Kathmandu, March 8. Nepal Infrastructure Development Company Ltd (NIDCL) has said it will likely sign an agreement with Power China to construct the 52 kilometre-long Kathmandu-Kulekhani-Hetauda Tunnel (KKHT) highway project after ...

◆190310 China scraps plan to blow up Mekong River islets, says Thai minister
South China Morning Post-16 時間前 https://bit.ly/2u1MEIQ
“The blasts aimed at paving the way for big vessels would affect people's way of life and also fish in the river,” Don said. “We proposed to China that it is unnecessary to blast the islets in the river and our Chinese counterpart accepted with a ...

2019年3月9日15時47分 速報

エネルギー

◆190309 北電のLNG発電所停止 排ガスが漏洩
日本経済新聞-17 時間前 https://s.nikkei.com/2J3yKAo
北海道電力は8日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする石狩湾新港発電所(北海道小樽市)で、排ガスが発電所の建屋内部に漏洩するトラブルがあり、点検のため運転を停止したと発表した。復旧時期は未定。同発電所は2月27日に1号機(出力56万9400 ...

◆190309 気候変動の時代、「水に浮かぶ暮らし」は現実の選択肢だ
Asahi Shimbun GLOBE-7 時間前 https://bit.ly/2Cd1BfN
低地の国」オランダでは、以前から運河に浮かべた舟を住居として暮らす人々がいたが、気候変動を契機に「水上に暮らす」という選択肢が改めてクローズアップされている。市民が自発的に水上に新たな共同体をつくる試みや、水上構築物を世界中に売り込もう ...

◆190309 ベトナム、国営石油2社LNG輸入へ
日本経済新聞-20 時間前 https://s.nikkei.com/2VMgOf4
ベトナムの国営石油2社が相次いで液化天然ガス(LNG)の輸入に乗り出す。ペトロベトナムが2020年代前半に受け入れ基地の稼働を始めるほか、ペトロリメックスも輸入計画を明らかにした。国内ガス資源が急減する一方、製造業の進出ラッシュなどで電力需要 ...

◆190309 ノルウェー政府、石油探査・生産会社株売却を政府系ファンドに許可
ブルームバーグ-18 時間前 https://bit.ly/2Hpt3Kz
目的は、恒久的な原油価格下落に対する国民の共有資産の脆弱(ぜいじゃく)性を減らすことだ」と、イェンセン財務相が声明で説明した。「従って、原油とガスの探査・生産会社株を売ることが、広く多様化されたエネルギー株を売るよりも目的にかなう」と論じた。

◆190309 戸草ダム建設促進を表明 伊那市長
長野日報-9 時間前 https://bit.ly/2XOvZ9m
伊那市の白鳥孝市長は8日の市議会3月定例会一般質問で、国土交通省が三峰川上流の同市長谷に建設を計画している戸草ダムについて、建設促進への取り組みを強化する方針を明らかにした。各地で豪雨災害や土砂災害が多発していることを踏まえ、ダム ..

◆190309 (朝鮮日報日本語版) 【社説】中国に石炭火力発電所がさらに464基建設され ...
Yahoo!ニュース-6 時間前 https://bit.ly/2TypAjD
PM2.5などの粒子状物質にうんざりしている韓国で、また新たに息の詰まるようなニュースが伝えられた。中国の石炭火力発電所が昨年1年間だけで78基新たに稼動し、合計2927基に達したという国際環境団体の報告書が公表されたのだ。中国政府は ...

インド他

◆190309 Thailand's Renewable Energy Transitions: A Pathway to Realize ...
The Diplomat-14 時間前 https://bit.ly/2TFhA05
The PDP sets a goal of new power capacity of 56,431 MW, of which renewable energy projects are planned to ... By 2037, the country's power production is expected to come from natural gas (53 percent), non-fossil fuels (35 percent), and coal (12 percent). ... Thailand currently generates around 10 percent of its electricity from renewable sources, with a total energy ... It was also the ADB's second green bond investment, after the Philippines, and is consistent with the bank's new ...

◆190309 Vietnam's state energy companies gear up for LNG imports
Nikkei Asian Review-6 時間前 https://s.nikkei.com/2EYh0m4
HANOI/TOKYO -- Vietnam's Petrolimex has unveiled plans to open its first liquefied natural gas import terminal, ... The LNG will be supplied to a gas-fired power plant to be built nearby by Vietnam Electricity, the state provider known as EVN. ... The Vietnamese government initially considered nuclear energy, but the 2011 meltdown at Japan's Fukushima squelched those plans ... Indonesia, which had been an LNG exporter, will begin importing in the early 2020s, as will the Philippines.

◆190309 India signs $3 billion contract with Russia for lease of a nuclear ...
DefenseNews.com-16 時間前 https://bit.ly/2SSVdzN
NEW DELHI — India on Thursday signed a $3 billion contract for the lease of an Akula-1 class nuclear-powered attack ... The Indian Navy already operates one Russian nuclear-powered attack submarine, INS Chakra, that was taken on lease ...

◆190309 India and Pakistan Are a Brewing Nuclear Nightmare
Bloomberg-15 時間前 https://bloom.bg/2VLKpoX
While India and Pakistan seem to have stopped bombing one another, the causes behind the cross-border tensions aren't going away any time soon. The two nations are nuclear-armed; have large conventional armed forces; have had four ...

◆190309 India to save 3 billion units of electricity by 2030 with new star rating ...
ETEnergyworld.com-4 時間前 https://bit.ly/2SR8xVy
Power secretary A K Bhalla said the initiative will promote technology and energy efficiency in microwaves ovens, a popular household gadget. "We have estimated savings of over 3 billion units of electricity at consumer-end through the ...

◆190309 Requiem for a people's river
India Climate Dialogue-14 時間前 https://bit.ly/2XNiiHZ
Known locally as the River of Golden Waters, the Sutlej is being cut off from locals by hydropower projects (All photos by Subrat Kumar Sahu) ... of the 111-minute film, is one indication of the distress that the people of Himachal Pradesh in India find themselves in. ... In protest, people from Kinnaur refused to register for the panchayat (local village elected bodies that have the power to ... Meanwhile, a local tailor comments that the electricity in his village is gone for six hours in a day.

◆190309 Andritz to modernize Shivasamudram hydro plant, India
International Water Power and Dam Construction-18 時間前 https://bit.ly/2J0HbfK
Indian state utility company Karnataka Power Corporation Ltd has awarded Andritz a contract to refurbish and renovate the Shivasamudram hydropower plant located in the southern state of Karnataka. Shivasamudram is one of Asia's oldest ...

◆190309 India seeking extension of waiver on Iran's oil imports
Tehran Times-13 時間前 https://bit.ly/2NSd8pw
New Delhi is negotiating with Washington about extending a waiver of U.S. sanctions on imports of oil from Iran which will ... India is among eight countries with the U.S.' 180-day waivers allowing them to keep importing Iranian oil through May 4. ... The United States reimposed sanctions against Iran last November in a dispute over Tehran's nuclear program, after ... Vincent Campos, a spokesman at the U.S. State Department's energy bureau, would not confirm that India was asking ...




2019年3月9日 米中首脳会談はあるのか,日本は国家資本主義反対で

ただ一日,新宝塚でオープンに参加しただけで,何か世間から取り残されたような気になる,この頃の世の中の動きは,まさにネットの早さで動いている,原江莉花は何位にいるのですかね,都構想はどうなった,公明党は自主投票と言っていたが,米中首脳会議の日程は決まったの,

米中首脳会談が最終的に決まった,と言う報道はない,しかしFNNは,場所はマール・ア・ラーゴで,日時は3月下旬が4月下旬になった,と報じている,中国の劉鶴主席代表が,トランプ大統領と会って,ライトハウザー米国代表の強硬路線を,トランプに訴えた,と報道されていた,

中国の全人代では,李克強首相が,国営企業から中国政府は手を引け,と言う米国の要求は受け入れられない,体制に影響する,と公式の演説の中で言っている,と言うことは,米中交渉では中国は絶対に妥協できないでしょう,そのままの状態で,米中首脳会談が出来るのか,

トランプ大統領にとっては,米中首脳会談で決裂した時のニューヨーク株価の暴落は,絶対に避けたいところ,そう簡単に米中首脳会談まで進むとは思えないのだが,もっとも,3ヶ月後には合意できなければ,全面的な関税の引き上げに突入する,と言ってのは,前回会議のトランプだ,

中国は,米国と経済戦争を戦いながら,一帯一路構想を通じての世界覇権の構築に邁進している,焦点は欧州で,まもなく習近平主席は,イタリアを訪問する,コンテ首相は早々と屈服の姿勢を見せ,一帯一路構想参加の意思を表明した,まるでカンボジアのフンセンに似てきた,

今度戦う時はイタリア抜きで行こう,と,戦後,日本とドイツは合意したが,確かに欧州で中国経済に真っ先に屈服するのはイタリアだった,フィリッピンのドウテルテ大統領とともに,中国上海で開催される一帯一路会議に出席するという,安倍政権はどうするのだろうか,プーチンは来る,

安倍首相は一帯一路会議にどのような姿勢をとるのであろうか,中国は対米関係を考えて日本に接近している,敢えて中国と対立を選ぶ必要がないが,中国の世界覇権と戦う米国を考えると,難題である,私は,参加するならば,国家資本主義に反対する立場を堅持して対応すべきと思う

2019年3月9日速報

極東情勢

◆190309 伊、一帯一路の覚書締結へ 中国主席訪問に合わせ
日本経済新聞-2 時間前 https://s.nikkei.com/2J3UsnY
【ローマ=共同】イタリアのコンテ首相は8日、習近平中国国家主席の今月下旬のイタリア訪問に合わせ、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」に関する覚書を交わす方針だと明らかにした。一帯一路への参加は「わが国にとって良い機会になる」と述べた。

◆190309 3月末のトランプ・習近平会談の行方を決める「ワインのお値段」
現代ビジネス-4 時間前 https://bit.ly/2H893Nj
中国の首都・北京の人民大会堂で第13期全国人民代表大会(全人代。国会に相当)第2回会議が3月5~15日まで開催中である。 今年の全人代は、習近平国家主席(共産党総書記)を始め、その他の国家指導部が深刻な中国経済の減速と熾烈な米中貿易 ...

◆190309 “南のホワイトハウス”での習近平会談は果たしてトランプに有利に働くのか?
www.fnn.jp-16 時間前 https://www.fnn.jp/posts/00434330HDK
世界経済の先行きを大きく左右するトランプ大統領と中国の習近平国家主席の会談が、今月下旬、トランプ氏がフロリダ州に所有 ... ベトナムでのトランプ・金正恩会談が、アメリカ側が希望するダナンではなくて、北朝鮮大使館がある首都ハノイとなった理由も同じ ...

◆190309 北朝鮮の段階的非核化、米高官「見返り与えない」
朝日新聞-11 時間前 https://bit.ly/2TCdshl
北朝鮮の非核化をめぐる米朝交渉に関し、トランプ米政権の複数の高官が、北朝鮮が段階的に非核化を進めればその都度「見返り」を与える措置は取らないと記者団に語った。米国は2月のベトナムでの米朝首脳会談の前は譲歩の兆しを見せていたが、米政府 ...

◆190309 経済成長鈍化でも中国の『国防費』増大は止まらず…
ニフティニュース-9 時間前 https://bit.ly/2TBidYI
中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)で、19年の「国防費」が前年比7.5%増の1兆1900億元弱(約19兆8000億円)に決まった。 ... シルクロード経済圏構想『一帯一路』を語る場合によく引用されるのは、明時代に鄭和(ていわ)提督率いる艦隊が7度にわたり中 ... 南シナ海での人工島建設・軍事基地化は、鄧小平時代に打ち出された『内海化計画』の一環で、『真珠の首飾り戦略』は、インド洋 ... しかし経済成長が失われた現在、中国共産党と習近平国家主席にとっての正当性は『抗日勝利』くらいしかありません。

◆190309 「北朝鮮の意図はご存知の通り」立場を変えた韓国政府、情報力に疑問の声も
ニフティニュース-2 時間前 https://bit.ly/2UqBHMB
記事によると、国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長は5日、北朝鮮がミサイル発射場を復旧する動きを見せていることについて「屋根と扉を取り付ける程度」とし、重要視しない考えを示した。また、「発射場を廃棄する際に参観団を迎えるための準備である可能性も ...

◆190309 北朝鮮の労働新聞、米朝首脳会談「合意なし」に初言及
朝日新聞-16 時間前 https://bit.ly/2EO1s2N
北朝鮮の労働新聞(電子版)は8日付の論評で、ハノイでの米朝首脳会談が合意を得られずに終わった事実に初めて言及した。間接的に米国に責任があるとしつつも、トランプ米大統領を批判することは避けた。今後の交渉を有利に進めるための戦略とみられる ...

◆190309 北朝鮮が安倍晋三首相を非難「拉致問題の提起要請、見苦しい」
産経ニュース-12 時間前 https://bit.ly/2TJ8pfm
【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は8日付の論評で、安倍晋三首相がトランプ米大統領に、ハノイで2月末に行われた米朝首脳再会談で日本人拉致問題を提起するよう要請したことを「主人のズボンの裾をつかんで見苦しく行動した」と ..

◆190309 Oil drops as US, China data feed global growth worries, still logs a ...
MarketWatch-9 時間前 https://on.mktw.net/2XGNxV7
Oil futures finished lower Friday as a downbeat employment report from the U.S. and trade data from China reinforced worries about global ... sovereign-wealth fund would drop shares of energy companies that engage in exploration and production of oil and gas from its portfolio. ... April natural gas NGJ19, -0.07% ended little changed at $2.865 per million British thermal units, for a weekly rise of 0.2%.

◆190309 Russia-to-China 'Power of Siberia' Pipeline to Open in 2019
Caixin Global-21 時間前 https://bit.ly/2UqzQaM
Russia's eastern-route natural gas pipeline to China will begin operation in 2019, Wang Yi, China's Minister of Foreign Affairs, said ... The route makes up the eastern portion of Russia's “Power of Siberia” pipeline, which runs from eastern Siberia to northeastern China. ... it hard to keep up with growing demand, imported gas is helping to make up for a considerable portion of China's clean-energy needs.

◆190309 China Experiences a Fracking Boom, and All the Problems That Go ...
New York Times-17 時間前 https://nyti.ms/2UxOxJj
GAOSHAN, China — The first earthquake struck this small farming village in Sichuan Province before dawn on Feb. ... which has revolutionized the production of natural gas and oil in the United States, has created a boom in China, too, and ... “Sichuan is a major earthquake zone, so there is clearly a risk,” said Philip Andrews-Speed, a geologist with the Energy Studies ... China National Petroleum alone has invested $4 billion in fracking shale gas in the Sichuan Basin over the last ...

◆190309 Capitalising on upstream development key to China's energy security ...
Compelo-11 時間前 https://bit.ly/2XJ46Q5
China's 2018 reforms regarding domestic oil and gas have landed the sector in good stead but, according to GlobalData, ... China must capitalise on the interest it has secured from foreign upstream investors to maintain its energy security, according to GlobalData. ... December 2018 for new exploration areas in the Pearl River Mouth Basin, located in the northern part of the South China Sea. ... L3 MAPPS to Deliver Two Classroom Simulators to EDF Energy's Nuclear Power Academy.

◆190309 Put Hanoi summit failure aside and plot path to nuclear-free Korean ...
South China Morning Post-12 時間前 https://bit.ly/2SNdQ8t
Chinese Foreign Minister Wang Yi urged Washington and Pyongyang on Friday to “remain patient” and try to work out a road map for denuclearisation of the Korean peninsula despite the failure of the US and North Korean leaders to reach a ...

◆190309 China trade deal is weighing on energy stocks, says strategist
CNBC-5 時間前 https://cnb.cx/2tWp9Rs
China trade deal is weighing on energy stocks, says strategist. 5 Hours Ago. Craig Johnson of Piper Jaffray and Boris Schlossberg from BK Asset Management discuss why energy stocks are getting hit with CNBC's Mike Santoli. Watch CNBC ...


2019年3月7日 フィブアイズ,諜報機関の同盟,日本は入れて貰えない

余り明確に分かっていない問題だが,最近,「フィブアイズ」,に焦点が当たっている,恐らく,中国の技術発展が先進国からの技術盗難から来ているという懸念がそうさせている,「フィブアイズ」,には日本は入れてもらえない,最近,日本の国会も防諜法を成立されたが,それでも駄目だ,

「フィブアイズ」,は自分で解釈するより仕方がないが,完全な英語圏で来ているのか,はたまた血の繋がりから来ているのか,はたまた,英国女王のキングダムから来ているのか,とにかく5カ国が我々には分からない,特別の関係があり,この5カ国では,情報がかなり緊密に流れている,

安倍政権が,共産党の猛烈な反対を押し切って防諜法を可決したのは昨年だったか,防諜法が成立しないと,少なくとも,安保の同盟関係にある日米でも,日本は信用されていない,恐らく安倍さんの頭の中には,「フィブアイズ」,入れてくれとは言わないが,同等に扱われたいの思い,

調べてみると,「フィブアイズ」,の元になった組織は,対独戦で米英が協力して戦った時代,1943年に英国の暗号学校と米国の陸軍省が,諜報に関する協定を結んだ,UKUSA協定と呼ばれるものが基礎になっている,スパイ小説のMI5や007の,あの物語の世界だろう,

米英の二国間で結ばれている間は,第2次大戦の名残であるが,カナダが参加する1948年頃はベルリン封鎖や朝鮮半島の南北分断など,共産主義諸国との冷戦が熾烈化してきた頃で,更に,オーストラリアとニュージーランドが参加したときは,第2次中東戦争が起きていた,

この「フィブアイズ」は,本来秘密組織であったが,特に1956年頃の日米の熾烈な自動車競争の時代には,この同盟を通じて,日本の商戦の情報がザーザーと漏れていた,それは後のウィキリークスの暴露で明らかになる,従って同盟国である日本も,「敵」,に組み込まれていたのだろう,

今日の豪のターンブル前首相の記事,英国議会に,3月5日,招かれて,その演説の中で,中国企業の5G参入を全面禁止する重要性を強調したのである,豪は,数年前から随分中国にいじめられてきた,今では豪国内の米軍基地の用地が,中国企業に買い取られたことが問題になる,

ターンブル首相は,詳しくは記事を見て欲しいが,今は3Gの世界の通信網が,5Gになったときの,しかもそれが中国企業に牛耳られたときの恐ろしさを,英国で説得している,確かに豪は,早くから中国企業の通信への参入を止めている,まともに中国の威力を被った人の実感である,

「フィブアイズ」,に入れてもらえない日本は,諜報に関しては全く弱い,ファーウエイの排除も,トランプ政権が言うからそれに従ったまでで,豪州などのように,身を以てその危険を解くことが出来ない,軍備を米国に依存すると言うことは情報もそうなる,経済に見合った安全保障環境が必要

2019年3月6日16時33分速報

◆190306 経済効果1375兆円の5G「私はなぜ中国企業を排除したのか ...
Yahoo!ニュース-10 分前 https://bit.ly/2VEqBno
経済効果1375兆円の5G「私はなぜ中国企業を排除したのか」オーストラリア前首相が語る ... それが、セキュリティーの要求を満たさない中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)を国家安全保障上、次 ... 米国政府は、イランとの違法な金融取引に関わったとしてファーウェイと孟氏を起訴しました。 ... 中国は南シナ海で人工島を造成し、要塞化しています。19年予算案の国防費は前年比7.5%増の1兆1898億元(約19兆8000億円)。 .... 注目の10日の北朝鮮最高人民会議代議員選挙 · 首痛が原因?

◆190306 焦点:出現するか中国の「灰色のサイ」、試される緩和強化の効果
ロイター-51 分前 https://bit.ly/2XI3Qkf
東京 6日 ロイター] - 企業債務の膨張が中国経済を圧迫し、世界経済のリスク要因として意識され出した。5日から始まった全国人民代表大会(全人代)で、李克強首相はばらまき型の景気刺激 ... 背景には企業部門の債務膨張があり、緩和策の強化で中国景気を支える姿勢を鮮明にしたかたちだ。 ... 習近平国家主席は1月21日に中央・地方政府のトップを招集し、金融リスク問題に関し「灰色のサイ」を防止しなければならないとした。

◆190306 南シナ海での武力紛争に巻き込まれたくない! フィリピンの国防相が ...
BUSINESS INSIDER JAPAN-1 時間前 https://bit.ly/2HgKlK6
フィリピンのデルフィン・ロレンザナ(Delfin Lorenzana)国防相は、フィリピン政府は米比相互防衛条約を見直す必要があると述べた。3月5日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズが報じた。 フィリンピンは、南シナ海をめぐるアメリカと中国の武力紛争に巻き込ま ...

◆190306 Oil price little changed as market awaits US-China trade deal
The Star Online-8 時間前 https://bit.ly/2VEbqdW
NEW YORK: Oil prices held near flat on Tuesday a s the market wavered on expectations that the United States and China ... to tighten crude supply against the restart of Libya's biggest oilfield and the prospect of weaker demand from China.

◆190306 China to establish national O&G pipeline company
Kallanish Energy-25 分前 https://bit.ly/2Tmc5UI
China is planning to merge all its oil- and natural gas-related pipelines into a new company, Kallanish Energy learns. The major reorganization was announced Tuesday at the National People's Congress in Beijing as part of the annual ...

◆190306 Deal signed for huge coal-fired power plants in Hunter Valley, Hong ...
The Guardian-4 時間前 https://bit.ly/2XEBoQu
A deal has been signed to develop two massive new coal-fired power stations near Kurri Kurri in the New South Wales Hunter region, ... It said the heads of agreement had been signed with a subsidiary of China Energy – part of the company's ...

◆190306 Are We Seeing the Mekong River's 'Last Days'?
The Diplomat-14 時間前 https://bit.ly/2tRwa68
Regardless of the impressions Eyler wishes to convey — of the river itself, of China, of the other five riparian nations, of the peoples and cultures ... In the book's first three chapters, Eyler duly acknowledges C hina's need for water and energy security, but also examines what ... Like nuclear power, it was also once (and rightly) seen as a desirable alternative to coal. ... The LMC was born from China's unilateral dam building, but that same fact may also undermine the forum in the end.

◆190306 United States and China inch toward limited trade deal: Kemp
Reuters-17 時間前 https://reut.rs/2XIDSNV
LONDON (Reuters) - China and the United States appear to be inching toward a trade deal, with leaders in both ... China is already the world's largest net importer of oil and is set to become the largest importer of liquefied natural gas within the next ... By focusing on farm and energy products, both countries can reach a politically and economically necessary accord, ... conflict between the United States and China is unlikely to be an extended war of attrition; the introduction of nuclear ...

エネルギー

◆190306 【特集】滅びに向かうOPECと石油で栄える米国 <コモディティ特集>
株探ニュース-3 時間前 https://bit.ly/2TANMBK
昨年からトランプ米大統領は 原油高を批判し、石油輸出国機構(OPEC)に対する牽制を続けている。米議会では、石油生産輸出カルテル禁止(NOPEC)法案が審議されており、OPECを目の敵にしているのはトランプ米大統領だけではない。原油価格を操作し ...

◆190306 原子力共生など充実20年
読売新聞-11 時間前 https://bit.ly/2SOc4UF
5期20年にわたって務めてきた山口治太郎・美浜町長(75)が6日に退任する。原子力発電の推進を掲げ、国道バイパスなどの整備や産業振興に取り組んできた在任中の出来事や今後の課題を聞いた。(藤戸健志、三浦孝仁). ――主に取り組んだことは。

◆190306 日本ロシア産石油、LNGの買入量を大幅削減 その理由は?
Sputnik 日本-18 時間前 https://bit.ly/2EBf1Tp
株式市場のロシア人専門家イーゴリ・ガラクチオノフ氏はこの件について、片方の側にはアジアのエネルギー市場でのシェア拡大を望む米国と、もう片方にはロシアの領土問題への不変の姿勢に否定的に反応し、交渉姿勢を強めようとする日本の試みがあると ..

インド他

◆190306 Rarest orangutans 'doomed' by Indonesia dam project
BBC News-19 時間前 https://bbc.in/2tSbsmN
The 22 trillion rupiah (£1.15bn; $1.5bn) dam will be built in North Sumatra's Batang Toru forest. ... It is expected to supply electricity to the North Sumatra province and will be operated by Indonesian firm PT North Sumatra Hydro Energy.

◆190306 Vietnam to increase coal-fired electricity: experts
Xinhua-1 時間前 https://bit.ly/2H1wFDs
Tran Viet Ngai, chairman of the Vietnam Energy Association, said coal-fired power would still play a key role in the ... and depleting domestic gas reserves will not sustain a substantial ramp-up in gas-fired generation over the longer term.





2019年3月6日 中国全人代,自国の体制改革に及ぶ要求は拒否

各紙とも,3月5日の中国の全人代に於ける李克強首相の経済演説を,一斉に報道した,経済成長率の目標は,予想通り,6.0~6.5%で,前年度の6.6%を大きく下回ることから,東南アジア諸国,特に日本を捨てたフィリッピンへの衝撃は大きく,ペソが急落して,52.120ペソとなった,

中国の経済は,一般的に下落傾向を続けてきたが,米国が中国の経済及び軍事覇権を拡大することに歯止めをかけようとして仕掛けた関税に始まる経済戦争が,大きく影響していることを認めている,その上で,米国の外交政策を批判しながらも,早く納めたい,真摯に対応,としている,

現在も,米国と中国の間で経済交渉は継続しているが,両国とも,如何にも早く妥結に持って行こうとしていることが,報道からは感じ取られるが,中国の最後の砦である国営企業の改革問題は,全人代で李克強首相が明確に拒否,中国としては一方的な妥協を拒否することを鮮明にした,

全人代で明確にされた体制改革拒否は,「中国政府による国有企業優遇など,自国の体制改革に及ぶ米側の要求は受け入れない姿勢を改めて強調」,と言う報道で決定づけられている,これを受けて,米中の実務者協議は,最後の関門で妥結に至らない可能性が高くなってきた,

米国の要求する国有企業優遇阻止は,自由主義諸国から見れば,両者異なる土俵で国際開発へ動くことになり,米国にとっては譲れない一線であり,また中国にとっては,一帯一路構想を進めるための強力なツールで,中国の世界覇権への挑戦で,妥協できない一線と言える,

中国の国営企業優遇問題が,今後の米中交渉にどのような影響を与えるか,果たしてこの問題を盾に米国が,新たな関税戦争に引き込むのか,或いは自国への影響を恐れて妥協するのか,我々としては注視したい,これ以上の中国の軍事拡大には,ある程度の歯止めが必要と思っている

なかなかまとまらない米中,米朝だが,先ほどのニュースでは,北朝鮮では,ミサイル発射場の復旧の動きがある,と報じており,米軍爆撃機2機はグアム基地を発進,紛争中の,或いは中国実効支配中の南シナ海で作戦を行ったと報じられている,しばらくは緊張が続くことになる,

2019年3月5日15時45分 速報

◆190305 UPDATE 1-アジア通貨動向(5日)=総じて軟調、中国が経済成長目標 ...
ロイター-46 分前 https://bit.ly/2Tx5dmJ
[5日 ロイター] - アジア通貨は総じて軟調。中国政府は今年の経済成長目標を引き下げ、6.0―6.5%に設定した。 フィリピンペソは急落。フィリピンの2月のインフレ率が予想を下回り、金融緩和観測が浮上した。 ペソは0.7%安の1ドル=52.120ペソ。2月 ..

◆190305 「一方的な譲歩」できぬ中国、米国との対立深刻
読売新聞-1 時間前 https://bit.ly/2HfYd7g
米国に一方的に譲歩した印象を与えれば、国内での権威に影響しかねない。報告では、中国政府による国有企業優遇など、自国の体制改革に及ぶ米側の要求は受け入れない姿勢を改めて強調した。 「一国主義」を強めるトランプ政権を念頭に、「中国は多国間 ..

◆190305 China plans solar power station in space
Dezeen-19 時間前 https://bit.ly/2Ex5rRj
China is planning to build the world's first solar power station in space to provide "inexhaustible clean energy", ... The story quotes China Academy of Space Technology researcher Pang Zhihao as saying the technology would provide "an ...

◆190305 China Announces Plan to Form National Oil & Gas Pipeline Company
Bloomberg-2 時間前 https://bloom.bg/2VHcOg9
China announced it will form a national oil and pipeline company, the first public acknowledgment of the massive ... the energy sector by separating transmission and sales businesses and removing impediments to oil and gas exploration, ...

◆190305 Chinese leader Xi Jinping's firm grip on power may not be as strong as ...
The Japan Times-2019/03/03 https://bit.ly/2NJNL9d
While the foreign investment law is the only item on the congress' agenda, Zhang said its standing committee would be taking on new legislation in the areas of drug regulation, veterans' affairs and protection of the Yangtze River, China's most ...

◆190305 Transition from coal to natural gas is dictating investments in China
Offshore Technology-18 時間前 https://bit.ly/2Tx4thr
China has emerged as one of the world's leading markets for oil and gas products, driven by the growing demand from ... The country's efforts to transition from coal to natural gas to curb pollution has opened up huge market opportunity for ... China's large population, and especially its growing middle class, is a major driver for energy consumption in the country. ... by the Chinese population, especially power-hungry products ranging from consumer electronics and home automation ...

◆190305 Can China Remake Its Image in the Middle East?
The Diplomat-16 時間前 https://bit.ly/2UkpSrj
While oil is set to remain a key feature of China-Middle East energy relations, the recent epoch of low oil prices that is set to ... China is the world's largest producer of solar electricity generation equipment and is also on track to triple its nuclear ... As Middle Eastern states look to diversify their energy mix, China's emerging world leadership in renewable energy is .... Selling this socially-minded investment paradigm will be a key vehicle to boost Beijing's soft power as it goes about ...

◆190305 Marching toward the sea: Exploration of offshore wind power
China.org.cn-4 時間前 https://on.china.cn/2H0yEro
Lu is the former head of the world's biggest hydropower builder - China Three Gorges Corp (CTG), as well as a ... Offshore wind energy is the use of wind farms planted in coastal seas to harvest winds and generate electricity, which has ...

◆190305 Gwadar oil facility has potential to capture China, Central Asian markets
Hellenic Shipping News Worldwide-11 時間前 https://bit.ly/2H1ECsh
A state-of-the-art oil refinery and petrochemical complex, being established at Gwadar deep seaport city, has tremendous potential to capture markets in China and Central Asian landlocked states where ... by four visits of Saudi technical teams and Energy Minister to Pakistan to inspect the project site and discuss other modalities, prior to signing of the MoU. ... deep conversion oil facilities, advising the existing oil refineries to enter into commercial agreements with power producers for ...

エネルギー

◆190305 原油先物は下落、需要の伸びが鈍るとの見方
ロイター-4 時間前 https://bit.ly/2UkqGfP
TSロンバードのエネルギーアナリストは、2018 年下半期に供給超過が拡大し、経済協力開発機構(OECD)の商業用石油在庫は5年間の平均を上回る水準にとどまっていると指摘。「短期的に原油相場に対し非常に強気になるのは困難だ」との見方を示した。

◆190305 原子力事故から8年 福島第一原発の現場取材で見えた廃炉の進展と山積 ...
BLOGOS-5 時間前 https://bit.ly/2XHeg3A
地元のテレビ局が撮影した1号機の爆発の瞬間の映像や、東京消防庁の職員による決死の注水活動、さらには劣悪な作業員の労働環境――。2011年3月の東京電力福島第一原発事故当時の混乱ぶりは、多くの人の記憶に残っているだろう。 原発事故では ...

◆190305 逆風の原発それでも次世代原子炉が求められる理由
MITテクノロジーレビュー-8 時間前 https://bit.ly/2Hgmdac
地球温暖化の主要な原因の一つである化石燃料による発電は、一向に減少する兆しを見せない。そうした状況を受けて、小型モジュール炉(SMR)や先進的な核分裂炉など新世代の原子力プロジェクトに対する期待が高まりつつある。しかし、技術面、コスト面を ...

インド他

◆190305 New Kashmir Conflict Threatens Nuclear Exchange Between India ...
The National Interest Online (blog)-10 時間前 https://bit.ly/2VyvDlq
It also describes how two states home to one-fifth of the planet's population edged closer to nuclear war in the space of a few days. Two air strikes and a downed jet fighter or two later, India and Pakistan have stepped back from the brink—for ...

◆190305 India, Russia To Sign $3 Billion Nuclear Sub Deal This Week
The Diplomat-14 時間前 https://bit.ly/2TxfTls
India and Russia are expected to conclude an intergovernmental agreement for a 10-year lease of a Russian nuclear-powered attack submarine (SSN) this week. The deal, estimated to be worth around $3 billion, will likely be inked on March ...

◆190305 Cold Start: India's answer to Pakistan's nuclear bullying
Economic Times-20 時間前 https://bit.ly/2UjjNeF
NEW DELHI: A nuclear strike is always the threat Pakistan holds out against any possible Indian attack. Recently ... The operation exposed major operational gaps in India's offensive power, mainly slow troop mobilisation along the border.

◆190305 India Auctions 1.2 Gigawatts Of Solar At 3.59-3.68¢/kWh
CleanTechnica-13 時間前 https://bit.ly/2Tf7R18
The first national-level solar power auction organized by the Solar Energy Corporation of India (SECI) witnessed a healthy competition among Indian and foreign project developers and a tariff bid that would make the government happy.

◆190305 Pakistan will not hesitate to go nuclear in war with India: Amarinder ...
Economic Times-17 時間前 https://bit.ly/2Uh7EH3
Pointing out that both India and Pakistan were nuclear powers, he said it was not in either country's interest to use the weapons of mass destruction but Islamabad could indulge in such a misadventure, if faced with defeat in other battles.



過去ログ

2019年3月19日 ミャンマー,スーチー女史に迫る中国の圧力,ミッソンダム
2019年3月17日 極東展開の米軍は本当に抑止力になっているのか
2019年3月15日 米中の貿易戦争,北朝鮮の核問題,日本人はどう考えているか
2019年3月13日 貿易戦争,米国は,いよいよ日本との対峙に
2019年3月12日 中国,欧州はイタリアで混乱,東の韓国は「天下主義」に反発
2019年3月10日 米中の経済戦争の行く末と,止まるところなき中国覇権
2019年3月9日 米中首脳会談はあるのか,日本は国家資本主義反対で
2019年3月7日 フィブアイズ,諜報機関の同盟,日本は入れて貰えない
2019年3月6日 中国全人代,自国の体制改革に及ぶ要求は拒否
2019年3月5日 中国軍の伸びは7.5%,日本は,「寄らば切るぞ!」,言えるまで
2019年3月3日 沖縄独立論は,外圧による日本超大国への足がかり
2019年3月2日 米中経済協議,米国の真の意図は,「中国製造2025」粉砕
2019年3月1日 中国全人代,まもなく開幕,問題は人民元暴落の悪夢

2019年2月28日 北朝鮮,日本は特大型反人倫犯罪に対する国家的・法的責任
2019年2月27日 北朝鮮,米韓軍事演習に不満,中国は北を核の傘に
2019年2月26日 米朝首脳会談の行方は不透明,米攻撃部隊の動き
2019年2月25日 風雲急を告げる南シナ海,日本のシーレーンも後20年か
2019年2月24日 中国の紆余曲折の世界戦略,結論は持久戦採択
2019年2月23日 ドイツ,一転,中国をけん制,日本と進める防衛協力
2019年2月22日 王喜外相,中国発展の邪魔をするな,習近平主席も強気
2019年2月20日 世界はG2を目指すのか,ノー,中国は内向きになる
2019年2月19日 米朝融和の先に見える日本の役割,資金援助
2019年2月17日 日本は,どうしてこれ程のミサイルに取り囲まれるのか
2019年2月16日 安倍自民党,4月衆院解散で勝てば憲法改正か
2019年2月14日 極東情勢の中で日本がすべきことは何か,米国を押す
2019年2月12日 中国政府は急増する全国の債務水準を抑える取り組みに躍起
2019年2月11日 日本の仮想核保有国論,列島の制海空権確保,シーレーン
2019年2月9日 米国は北朝鮮に妥協する雰囲気,対中関係複雑
2019年2月8日 トランプ大統領,3月1日以前の米中首脳会談は否定,市場暗転
2019年2月7日 東南アジアへのインフラ投資、日本が優勢,本当か
2019年2月6日 中国を追いかける日本経済に,野党の冷水作戦
2019年2月4日 中国の経済支援に対する関係国の思い,インドとは先鋭化
2019年2月3日 中国政府が一帯一路へてこ入れ,関係国会議を視野に
2019年2月2日 極東の安全保障は,核抜きの中距離ミサイルが主役
2019年2月1日 中国は「第三次大戦を準備している」,米上院軍事委員会インホフ上院議員


2019年1月31日 米中去って日本の出番、今年の好機は東南アジアにあり
2019年1月30日 中国の環境時報,「治める難易度は人民より官僚の方が高い」
2019年1月29日 習近平主席が恐れているのは,年間30万件の暴動
2019年1月28日 半導体,米の攻撃が中国の自己開発の速度を速めている
2019年1月27日 ドイツの石炭火力放棄は,地球のためには無意味
2019年1月26日 「台湾統一の暁には,台湾人は戦争犯罪人だ」
2019年1月23日 日本は再び当時のドイツについた愚を繰り返すのか
2019年1月22日 韓国問題は,大事を目指すものの足下にまとわりつく児戯
2019年1月20日 ファーウェイの5G投入は年末に迫る,日本はラグビー大会からか
2019年1月19日 共和党のドン,中国が覇者にはなれない,を受容まで対立は続くと
2019年1月18日 中国,金沙江上流に巨大ダム,ここにも中国政治の変化がある
2019年1月16日 中国覇権問題の本質は中国の政治問題だろう
2019年1月15日 中国の12月の輸出入の落ちに,世界経済が震撼
2019年1月14日 中国が打撃を受けている,今後の問題は米軍の撤退問題
2019年1月13日 中国経済の落ち込み,上海指数が25%の落ち
2019年1月12日 韓国と揉める時間があったら,南シナ海のミサイルに抗議を
2019年1月10日 スイスは医療福祉14%,科学者8%で8万ドル
2019年1月9日 日本列島,8千万人で,スイスを10個造ろう,ダウンサイジング
2019年1月7日 日本は中国北朝鮮に集中せよ,照射問題は友好国のミス
2019年1月6日 トランプ大統領は1月末にダボスで王岐山副主席と会談か
2019年1月5日 シャナハン,「中国,中国,中国」,習近平が軍事闘争準備を指示
2019年1月4日 米中対立は人類の普遍的価値との対立,独裁の出口はあるのか
2019年1月3日 米中の最後の戦いは,台湾統一問題かも知れない
2019年1月2日 文春オンライン,安倍首相の米中間の調整力に期待
2019年1月1日 中国,安倍首相は物腰柔らかいが油断ならない

2018年12月31日 中国5千年,西欧流民主主義は馴染まない,習近平の旗
2018年12月30日 来年は中国が世界の新たな覇者になり得るのか
2018年12月29日 日本経済に忍耐を強いることになる米中の覇権争い
2018年12月28日 習近平演説へ内外の反応,中国は政治改革は行わない
2018年12月27日 消費税は予定通り揚げるべき,それは装置だから
2018年12月26日 日米の株価暴落,中国はリーマン時規模の対策打てるか
2018年12月25日 習近平政権,矛盾する開放経済と社会主義,どう説明したか
2018年12月24日 中国,外資による技術移転を強制しない,効力に疑問も
2018年12月22日 中国の比較的冷静な対応は,トランプ政権の自壊待ちか
2018年12月21日 北朝鮮の核,トランプ政権は,どう仕末するのか
2018年12月18日 忘れ去られる北朝鮮,中国の妥協と日本の秘密保護法
2018年12月16日 中国の途上国支援,秩序だった立て直しに日本の役割
2018年12月15日 米中の中,日本は行動へ,確かな証拠に立脚せよ
2018年12月13日 中国が,「製造2025」,を取り下げる可能性を示唆
2018年12月12日 官民ファンド,世界の技術覇権戦争,余りに無責任
2018年12月11日 米中は貿易戦争から,既に技術覇権戦争に突入
2018年12月9日 COP24の人々,どうやって石炭火力を減らそうと言うのか,蟷螂の斧
2018年12月8日 国会閉会,来年は衆参同時選に,都構想住民投票が重なる
2018年12月7日 米中会談,トランプ圧勝でも消えない中国の「世界覇権への野望」,
2018年12月5日 中国のイノベーションは早い,独裁に日本はついて行けるか
2018年12月3日 「中国製造2025」,が90日で潰せると思いますか
2018年12月2日 米中首脳会談は,「一時休戦」,か,玉虫色
2018年12月1日 「中国製造2025」まで首脳会談で決着を求める米政権

2018年11月30日 G20首脳会議に臨む習近平主席にとって,内外で前途多難
2018年11月28日 ますます習近平政権になびくフィリッピン政権の今後
2018年11月27日 米中首脳会談が月末にアルゼンチンで,貿易問題が頂点に
2018年11月25日 米中関係の狭間で,日本のポジションをどう決めるか
2018年11月24日 大阪万博2025,誘致成功,おめでとう
2018年11月23日 ゴーン逮捕劇,真珠湾と重なって,今夜の大阪万博に影響?
2018年11月19日 中国は475基の地対艦ミサイルで,アジアは抑えたと見てるか
2018年11月18日 米国の仕掛ける対中貿易戦争には,日本の武器の輸入が効果
2018年11月17日 入管法動かず,シンガポール首相が米中どちらかを選ぶ事態と
2018年11月16日 移民問題白熱,北方は米軍基地なしか,安倍さん3年は短い
2018年11月14日 日中接近に,トランプ政権は,日米関係に危機を感じている
2018年11月11日 南シナ海問題が,米中間の問題として,再燃
2018年11月8日 北朝鮮核廃棄は頓挫,いつかは牙をむくだろう
2018年11月7日 日本は全面的にイラン制裁反対なのか,核開発を阻止できてない
2018年11月6日 イラン原油制裁,軍事大国は何でも出来るのか,中国動く
2018年11月3日 米中冷戦,一転して南米に場所を変えて,仕切り直しか
2018年11月1日 米中新冷戦の正体,日本の一帯一路への同意は多難

2018年10月31日 移民問題,入管難民法改正,国を2分する議論に発展
2018年10月30日 安倍首相の訪中,中国の「対日微笑外交」の正体は何か
2018年10月29日 スリランカの政治的混乱は,世界の中国問題の象徴
2018年10月28日 「百里を行く者は九十里を半ばとする」,「禍福は糾える縄のごとし」
2018年10月25日 北京に向かう安倍首相には,日本人の願いが籠もっている
2018年10月24日 迫る日中首脳会談,米国議会の,「中国条項」,が焦点に
2018年10月23日 安倍政権の,一帯一路への姿勢について,懸念続出
2018年10月22日 迫る日中首脳会談に,親中派がもの申す,11月下旬
2018年10月21日 何のために中国は人工の月を宇宙に打ち上げるのか,2020年
2018年10月20日 キッシンジャーの代わりは自公の親中派を探れと,原英莉花トップ争い
2018年10月19日 日本の少子化問題とアジアの人口問題を融合する
2018年10月17日 中国は今,冷戦への軌道にあるのか,旧ソ連のl崩壊に学ぶ
2018年10月14日 電力自由化と安定供給は相反するのか,今夏の停電は1000万戸
2018年10月13日 日中友好の促進,特に自動運転技術,見守る米国
2018年10月11日 NHKの核実験評価はやや疑問,イスラエルの危険な外交
2018年10月10日 欧州大陸に中国の不沈空母を目指す国もある,チェコ
2018年10月8日 中国は米国債の売却に恐る恐る手をつけたか,世界経済に波及
2018年10月7日 尾を引くペンス大統領の演説,日本の対中政策が揺れる
2018年10月6日 ペンス副大統領の対中強硬演説,一帯一路にアジア諸国の懸念
2018年10月5日 米中貿易戦争の出口はあるのか,日本はどうすれば良いのか
2018年10月4日 パキスタンのカーン新政権,中国の一帯一路へ,躊躇い
2018年10月2日 安倍さんの最後の仕上げ,再び世界に羽ばたく,構想を残せ

2018年9月30日 「日本は間違っても中国の米国批判に手を貸すようなまねはするな」
2018年9月29日 トランプ政権の目指すところ,貿易赤字でなく,中国を抑制
2018年9月28日 トランプは北朝鮮は終わったと,対中貿易戦争に集中
2018年9月26日 伊方原発再稼働,中国の外交政策,実は下手くそでは
2018年9月25日 習近平政権は南アジアの英国仕込みの民主主義に手を焼く
2018年9月24日 モルディブ大統領選挙,中国よりのヤミーン氏敗北か
2018年9月23日 北海道停電追記,マハティールの示唆する一帯一路
2018年9月22日 日本に完全な2大政党が生まれるとすれば,何が争点
2018年9月20日 北海道停電に第4次強制停電はなかった,北朝鮮の檸辺
2018年9月19日 日中友好の中,南シナ海で突然の海上自衛隊の演習実施,
2018年9月16日 北海道の電力需給,泊原発はどのような状態か
2018年9月15日 中国がベネズエラ支援へ, 南シナ海で日中外相反発
2018年9月14日 安倍首相の外交戦略,環境が極めて微妙である
2018年9月12日 北海道の電力は3時25分まで活きていた,地震は3時7分
2018年9月11日 習近平主席の誇るパキスタン回廊,見直しへ
2018年9月10日 中国をいたぶるトランプ政権,狙いは「経済力による平和」か
2018年9月9日 災害と闘う電力,既設水力や原発再稼働が,大きな糧
2018年9月8日 北海道に計画停電の可能性,中国のアフリカ支援に批判
2018年9月6日 日本列島は鍛えられる,世界最強の災害強化列島に
2018年9月5日 台風21号去る,米中貿易戦争の行方,中国専門家
2018年9月4日 中国主催のアフリカ支援会議,6兆円に安全保障も入る
2018年9月3日 一帯一路への対抗,米が7兆円規模の海外投資公社構想
2018年9月2日 安倍首相,日中友好は成った,寄らば切るぞ
2018年9月1日 トランプ大統領の厳しい対中姿勢と日中融和の雰囲気

2018年8月31日 ミャンマーで水害事故,一部にはダム決壊の情報も
2018年8月28日 核廃棄部と処理は公有水面で,中国の一帯一路と米国の仕掛け
2018年8月26日 米国が北の核廃棄への誠意を認めず,対中貿易戦争を優先する
2018年8月25日 トランプ大統領,国務長官の訪北を拒否,一帯一路は問題含み
2018年8月24日 金正恩は明らかに米政権内の分裂を仕掛け待っている
2018年8月22日 老獪なマハティール首相,中国220億ドル借款を拒否
2018年8月21日 ワシントンで米中対話が23日より,北の経済開発,悩む金正恩
2018年8月19日 米国の国防白書に,中国外務省が反発,防衛目的と
2018年8月18日 北戴河で習政権強化,南シナ海と台湾が,米中の争いの焦点に
2018年8月16日 天安門事件と松下電器の中国展開の歴史,日中関係を象徴
2018年8月15日 米国の80兆円相当の国防費が成立,軍拡競争へ発展
2018年8月14日 米中貿易戦争の核心は米国産LNGの行く末か
2018年8月13日 精華大卒業生,習近平政権の過度の国威発揚がトランプの攻撃を
2018年8月12日 中国と日本はアフリカで協力するチャンスはあるか
2018年8月11日 我々は核爆弾の知識を維持してゆく,北朝鮮外相
2018年8月10日 北朝鮮の核廃棄は絶望的,問題はトランプの次の手
2018年8月8日 ラオスサブダムはアースダム,北朝鮮の,「ポンペオ問題」
2018年8月7日 トランプとの再会談に希望を繋ぐ北朝鮮,金正恩
2018年8月6日 米中の貿易戦争,元々中国は手詰まりになる話
2018年8月5日 シンガポールで交錯する米中の覇権争い,米国割れていないか
2018年8月4日 炎暑高熱の影響は,日本もさることながら,中国が深刻
2018年8月2日 一挙に難問を抱えた中国の習近平政権,神格化,貿易
2018年8月1日 動かぬ北朝鮮問題,遂に中国が腰を上げる,4国会談

2018年7月31日 カンボジアのフンセン首相,まさか世襲までは
2018年7月29日 中国中心の世界を描く習近平の赤裸々な野心
2018年7月28日 米国の目指すエネルギー覇権,対貿易戦争にも波及
2018年7月27日 中国の一帯一路構想と日本経済の交差点を常に意識せよ
2018年7月26日 ラオスダム決壊はサドルダムの一つ,流出量50億トン
2018年7月25日 ラオスダム決壊,世耕経産省EV発言,北朝鮮ミサイル廃棄
2018年7月24日 金正恩の非核化概念の中には,米国の核の傘も含まれる
2018年7月23日 貿易戦争の渦中で蠢く車の自動運転技術
2018年7月22日 御獄海優勝,木曽川の上松は,我が水力発電の古鄕
2018年7月21日 トランプ大統領の世界観,大戦後の世界秩序破壊,中国の覇権
2018年7月20日 愛媛県のダム放流問題では犠牲者が出ている,習近平主席外遊
2018年7月19日 関電がピーク供給力で危機感,北朝鮮核問題は異常事態
2018年7月18日 大阪北部地震と大阪経済圏のつながり,米中貿易戦争
2018年7月17日 今後の日本の外交・安全保障,北朝鮮という核保有国の存在
2018年7月15日 日米原子力協定の自動継続と国際環境,多様な手段維持を
2018年7月14日 日英同盟,あって良いのではないか,トランプは今ロンドン
2018年7月13日 米中貿易戦争,トランプは本気だ,行くとこまで行く
2018年7月11日 金正恩は,核廃棄について,全く真剣には考えていない
2018年7月10日 日経,非核化描けぬ工程表,北は「終戦」固執
2018年7月8日 北朝鮮,米国の核廃棄要求に反発,トランプ親書は維持
2018年7月7日 トランプ大統領,米朝合意,「崩壊することはあり得る」
2018年7月6日 日米同盟と日中協商,中国との力の均衡保持が必須
2018年7月5日 大飯原発再稼働容認,エネルギー安保確保か
2018年7月4日 中国は北朝鮮の核保有をどのように考えているのか
2018年7月3日 北朝鮮の非核化に疑問の声,米朝会談以降の情勢変化
2018年7月2日 米中の貿易戦争の本質を探る,「中国は安定を目指す国家」
2018年7月1日 北の半島非核化,何を意味するか,極めて不透明

2018年6月30日 習近平主席,一寸たりとも祖先の領土は失わない
2018年6月29日米国のマティス長官は南シナ海問題に取り組めるのか
2018年6月27日 地震の生起予測はもう結構,重要建物の総合対策に焦点を
2018年6月26日 北朝鮮は主体思想を放棄して中国の核の傘に入るのか
2018年6月24日 18世紀の漢民族日本流入は,少子化のモデルとなるか
2018年6月23日 「米国主導での非核化はなし」,中国が北に釘を刺す
2018年6月21日 習近平主席は,北朝鮮の,段階的非核化に慎重
2018年6月20日 北朝鮮は再び中国の属国となることを受け入れたのか
2018年6月19日 日本と北朝鮮の関係は,米朝関係の裏返し
2018年6月18日 北朝鮮が安倍首相を集中攻撃,野党も便乗か
2018年6月17日 北朝鮮の背後に中国の意図,南北統一は夢か
2018年6月16日 北朝鮮の核攻撃を簡単に防ぐ方法は,友好国になることだ
2018年6月15日 米朝会談は中国の描くシナリオで進んだのか
2018年6月13日 金正恩,また会えますか,トランプ,準備が出来たらどうぞ
2018年6月12日 平壌、異例の権力空白 「留守中混乱なし」に自信
2018年6月11日 平壌の軍のクーデター,可能性はないのか
2018年6月10日 荒れるG7,トランプ,「シンゾウ,君から説明してやれ」
2018年6月9日 金正恩は中国機に護衛されてシンガポールへ
2018年6月7日 アジア太平洋国防相会議,太平洋インド洋構想
2018年6月6日 米朝首脳会談が終戦協定に姿を変える可能性,非核化何処へ
2018年6月3日 日本,敢えて極東での孤立化を選ぶか,やむを得ない
2018年6月2日 朝鮮半島非核化統一を望まぬ習近平政権

2018年5月31日 南シナ海中国軍事拠点化,米国のマチス国防長官が批判
2018年5月30日 金正恩,核放棄後の国内軍部や民衆の反応に重点
2018年5月29日 次世代の日中経済の鍵を握るパナソニック
2018年5月27日 王岐山副主席,朝鮮半島は中国の核心的利益
2018年5月24日 トランプ,「習近平は世界一流のポーカープレーヤー」
2018年5月23日 青年はあくまで清く,大人は地位とともに汚れていく
2018年5月22日 中村愛媛県知事の行動の危うさ,金正恩の決意
2018年5月20日 阿武隈川に燃えさかる米軍爆撃,トランプ政権取引,日大
2018年5月16日 北朝鮮,急遽南北会談拒否,米韓演習が衝撃
2018年5月13日 日本と北朝鮮の関係は新しい段階へ入った,拉致問題
2018年5月12日 米朝がシンガポールへ,追い詰められる北朝鮮
2018年5月10日 金正恩は核完全放棄に抵抗し,習近平は米軍撤退
2018年5月9日 北朝鮮,対中首脳会談再び,核廃棄問題難航か
2018年5月8日 北朝鮮,日米を牽制,経済制裁強化で
2018年5月7日 北朝鮮は一度も核廃棄を口にしていない
2018年5月6日 イランの核合意,トランプは正論,イスラエル空爆あり
2018年5月5日 インドネシア,チタルム河の河川汚濁
2018年5月4日 海外からの機密文書で,機密漏洩で国会が一番危ない
2018年5月3日 朝日の報ずる,北の核廃棄全面受け入れ,疑問
2018年5月2日 北朝鮮問題を中国が操っているなら,目的は米軍撤退
2018年5月1日 中国の党独裁体制が理想なのか,フンセンの裏切り

2018年4月30日 北朝鮮問題で日本孤立,敢えて孤立を選ぶ国益
2018年4月29日 北の核放棄は金体制維持可能かどうかで決まる
2018年4月28日 大阪市の昼間人口は350万人,北朝鮮問題核廃棄に繋がらず
2018年4月26日 北朝鮮の非核化失敗で米朝戦争勃発の恐怖
2018年4月25日 米朝協議問題で,韓国からの米軍撤退が,一つの焦点
2018年4月22日 北朝鮮問題,日本は敢えて孤立を避けるな
2018年4月21日 核の傘に安住する日韓が北の核廃棄を,これ矛盾?
2018年4月20日 果たして米朝会談は行われるのか,断末魔の米政権
2018年4月18日 6月解散総選挙は,野党の思惑か
2018年4月15日 訪米を前にした安倍首相,安保デモを想起
2018年4月14日 インドネシアの戦友の一人,原田次夫氏逝く
2018年4月12日 米朝対話,トランプは拉致にコミットも,信頼できないなあ
2018年4月11日 米朝対話は実現できるのか,日本のプレゼンスはゼロ
2018年4月10日 米朝会談,北朝鮮の半島非核化は本気か
2018年4月8日 「拉致問題解決済み」,金正恩は対日姿勢はこれを貫くのか
2018年4月7日 養父中学,70年前のクラス会,但馬に集合
2018年4月4日 気になる米国の中東への傾倒,イラン核合意破棄
2018年4月3日 在韓米軍家族の避難先は横田基地でなく米本土
2018年4月1日 北朝鮮は,拉致と核問題抜きで,東京五輪参加と思っているのか

2018年3月31日 日本の極東での孤立化,敢えて避ける必要ない
2018年3月30日 同等の武器を持った者同士が,初めて交渉できる
2018年3月28日 中国は北の核を容認したのか,米朝会談前に
2018年3月27日 佐川さん,全部責任をかぶるようだ,潔い
2018年3月26日 憲法改正や消費税増税,安倍政権は続投出来るのか
2018年3月25日 米国の対中経済制裁,世界の完全分業化に逆行
2018年3月24日 ボルトン補佐官就任と米中関係,米朝より優先事項
2018年3月23日 ブロックチェーン,我々も追いかけなければ
2018年3月21日 中国が新体制で走り出す,米中関係と国内統一
2018年3月19日 新名神開通も予想を当たった周辺の大混乱
2018年3月18日 中国習近平政権の人事が決定,特異な王岐山副主席
2018年3月17日 新名神が神戸まで開通,そのインパクト
2018年3月15日 ティラーソンを切ってまでの米朝会談,リスクが大きい
2018年3月12日 習近平主席が終身制の指導者に向かうのか
2018年3月11日 分かっている問題をことさら政局にして自殺者まで
2018年3月10日 日経新聞,習近平政権の北朝鮮への焦りを伝える
2018年3月9日 中国,南北会談を慎重ながら応援,大国外交意識
2018年3月8日 北朝鮮問題への中国の思惑,最後は6カ国協議か
2018年3月7日 北朝鮮,金正恩のプレゼンをどう見るか
2018年3月6日 北朝鮮が動き,習近平が長期政権を視野,日中の協力の舞台
2018年3月4日 安倍政権の憲法改正には期待できない
2018年3月1日 中国の経済拡大は日本にとってマイナスではない

2018年2月28日 自民の憲法9条改正は目処がついた,武装の高度化
2018年2月27日 安倍政権の憲法改正は複雑化してきている
2018年2月25日 盲目の潜水艦は何に依存し位置を確認しているのか
2018年2月19日 混乱する希望の党の現状は憲法問題に重大な影響
2018年2月18日 朝鮮半島の出口戦略が見えてきた,壁崩壊か,VNP体制か
2018年2月17日 一挙に日本の格を上げる,「仮想核保有国理論」
2018年2月15日 羽生選手は団体戦出場を希望したが周囲が説得した
2018年2月14日 憲法9条がなければ羽生結弦は団体戦に出ただろう
2018年2月12日 日米安保の信頼性と憲法9条2項は関係するのか
2018年2月10日 コスタリカ方式というのは戦力放棄から来ているのか
2018年2月9日 我々は米軍に守られていることで憲法9条を受け入れ
2018年2月7日 憲法,日米安保が流動的なら,2項削除
2018年2月6日 イスラエルの自主防衛へのこだわり
2018年2月5日 本条の目的に沿った軍隊を含む組織の活動を禁止しない
2018年2月4日 憲法は目指す「理想の姿」ではなく今守るべきルール
2018年2月1日 航空機,日本1600機,中国2800機,高度化を図れ

2018年1月31日 日本としての攻撃抑止力,左派政党を説得して
2018年1月30日 自衛隊の人々から学ぶ寒さ対策,実験してみた
2018年1月28日 そこまで言って委員会,憲法の国民投票に悲観的
2018年1月27日 次の安全保障の論点は戦力拡張は何処まで必要か
2018年1月26日 日本の軍備は経済と見合った規模,特攻隊は憲法違反
2018年1月25日 自衛権か自衛隊か,自民党内で議論が続く
2018年1月24日 憲法9条改正への世論調査出そろう,9条は30%
2018年1月23日 ANN世論調査で,憲法改正賛成が63%に達す
2018年1月22日 日米国防相,軍備拡張の目標は中国とロシア
2018年1月21日 もし特攻が必要な場面では,若者でなく老人を送れ
2018年1月20日 経済に見合った高度な戦力は国際世論を味方に出来る
2018年1月19日 立憲民主党が極左へ流れていくのを憂う
2018年1月17日 高村元外相の憲法論,そのまま自民党の方針
2018年1月16日 今,護憲派と称する人たちが,解決できない矛盾にある
2018年1月14日 「憲法はライオンを閉じ込める檻」,なのか
2018年1月13日 中国も憲法改正に取りかかる,習近平の核心へ
2018年1月12日 バノン氏,「このままでは米や日本は中国の属国になる」
2018年1月11日 抑止力は敵地攻撃能力と報復攻撃能力の積ではないか
2018年1月10日 自衛隊の抑止力は,高度な武装により,犠牲ゼロに
2018年1月9日 憲法改正に必要な票は,わずか2500万票
2018年1月8日 専守防衛は抑止力にならない,報復の概念さえない
2018年1月7日 国民投票,投票率50%の過半数は,専守防衛は
2018年1月6日 憲法改正,自衛隊の加憲だけでは如何にも姑息
2018年1月4日 仮説,国の経済に応じた軍備,それが世界平和の根幹

2017年12月30日 河野太郎,安倍後継に急浮上,党内は否定的
2017年12月29日 大国の交代時期に生まれる「キンドルバーガーの罠」のリスク
2017年12月28日 「専守防衛」論が利敵行為に聞こえる昨今,護衛艦,巡航ミサイル
2017年12月27日 国際的な資源を使う資格は国内資源を開発した国に
2017年12月26日 石炭火力を人類は捨てることができるのか
2017年12月23日 関西電力の大飯原発立地返上は,正解なのか
2017年12月22日 エルサレム問題,日本にとって厄介この上なし
2017年12月21日 中国と米国の海軍力増強競争,日本も巻き込まれる
2017年12月20日 河野外相が専用機を要請,どうも本気でやるつもり
2017年12月19日 伊方原発運転差し止め,タイの軍事クーデターと同じ
2017年12月17日  防空網強化に立憲民主が反対の立場
2017年12月15日 誰でも止められる原発再稼働,広島高裁の横やり
2017年12月14日 中国の基本的問題点は原油と天然ガスがないこと
2017年12月13日 ベトナム,親日国,知れば知るほど親近感
2017年12月12日 ネパール,親中国政権誕生の行く末
2017年12月10日 日本,極東のイスラエルとなる勿れ
2017年12月8日 エルサレム問題,敵に囲まれて生きるイスラエル
2017年12月4日 中国は北への石油全面禁輸がミサイルを北京に向けさせると
2017年12月2日 トランプ,北朝鮮巡る中国の外交努力に不満
2017年12月1日 米国が電気自動車の優遇廃止に動き出した

2017年11月28日 南シナ海問題の行方,トランプ政権の考え方
2017年11月26日 意識的か,低次元な会計検査院の姿勢
2017年11月25日 東南アジアの自動車産業,EVよりHVか
2017年11月23日 モリカケを早く終えて,安全保障の議論を
2017年11月22日 厳寒の標高600mで繰り広げる生き残り
2017年11月19日 日本の将来,東アジアのイスラエルか
2017年11月15日 ネパール水力の中国企業排除,影響大
2017年11月14日 米国は習近平の「新型大国関係」を受け入れたのか
2017年11月12日 日本企業が急速充電のシステムを中国へ
2017年11月9日 加速する「電気飛行機」開発,そう簡単ではないでしょう
2017年11月8日 世界石油需要1億バレル超す,EV,再エネでも
2017年11月7日 電気自動車の特徴で極めつけは,誰でも造れる
2017年11月6日 中国紙,日本の車メーカーの戸惑いに,皮肉
2017年11月5日 真っ黄色だった黄河が透明になった
2017年11月4日 中国の飽くなき技術開発への意欲が世界を席巻
2017年11月3日 水素燃料車に拘るトヨタの思考は正しいのか

2017年10月26日 自動運転の話は難しい,でも電車と同じコンセプト
2017年10月24日 電気自動車の電源問題は中国とインド
2017年10月2日 首長党首の悪癖を絶つべき時ではないか
2017年10月1日 希望の党の戦略は左派リベラルを点火した

2017年9月28日 橋下徹,「議院内閣制には向いていない」,小池しかり
2017年9月24日 EVや自動運転,開発受託に流れる
2017年9月23日 EV新時代と言うが,ガソリン車,ディーゼル車は
2017年9月21日 EVで日本が揺れている,訃報 杉木清氏
2017年9月18日 中国のEV発言がトヨタを走らす,日本は多様性に期待
2017年9月17日 フランクフルトのモーターショウ,EVを煽る
2017年9月16日 電気自動車へのシフト,日米政府が無駄な抵抗か
2017年9月15日 自動車のEV移行は,案外早い可能性がある
2017年9月13日 北核問題はもういい,電気自動車への流れは本物か
2017年9月12日 キッシンジャーは,米朝より米中対話促進と
2017年9月10日 モーターで走る車なんて乗りたくない
2017年9月9日 自衛隊が「敵地攻撃力」を手にする機会はあるのか
2017年9月8日 日本の左派系,独自の核武装を認めるか
2017年9月7日 核施設のみならず一瞬で北朝鮮の全焦土化狙う米国
2017年9月6日 デカップリング,北の核に米の傘は有効か
2017年9月5日 北朝鮮の核開発は「戦艦大和」,東洋人の滅びの美学
2017年9月4日 「北朝鮮核容認論」,誰がなにゆえに叫ぶのか
2017年9月3日 北の核実験,米国のレッドラインを超えたのか
2017年9月2日 湯川れい子,戦況悪化 父の急死 激務重なる 葬儀の日
2017年9月1日 米国主要紙も日本の核武装に言及

2017年8月31日 北朝鮮の核は本来は半島武力統一のためだ
2017年8月29日 北朝鮮危機の裏で、中国・インドが「あわや開戦」
2017年8月27日 中国に起きる2018年問題,米中の覇権争いの一環
2017年8月26日 中国の経済力,何処まで伸びるか,脅威
2017年8月25日 北朝鮮問題は単なる前座,米中は如何に戦うか
2017年8月22日 中国の南シナ海の実効支配強化,海上原子力発電所
2017年8月20日 米国と北朝鮮は妥協できるのか
2017年8月19日 中国のシェールガス,生産量拡大,バロンの退場と世界の覇権
2017年8月17日 金正恩は中国を狙っている,日経の見方
2017年8月16日 NHK,悲惨なインパール作戦を特集
2017年8月15日 終戦から72年,北の核がどの方向に向かうのか
2017年8月14日 環境大国を目指す中国,EV車生産に義務化,2018年
2017年8月13日 電気自動車,EV車が主流か,日本は
2017年8月11日 北朝鮮がグアムを実験の標的に,その背景は
2017年8月9日 中国の経済覇権が東西に及んでいる
2017年8月8日 ASEAN,河野外相と王毅外相の初の対決
2017年8月7日 日米原子力協定が来年7月,改定を迎える
2017年8月6日 全世界がEVシフトを進める中,日本だけ水素?
2017年8月5日 「日本に核武装させるべきか?」,米メディア
2017年8月4日 北朝鮮はともかく,金正恩は米国を憎んでいるのか
2017年8月3日 安倍内閣改造,ティラーソン長官と北朝鮮
2017年8月2日 高等教育無償化と憲法改正の議論
2017年8月1日 北朝鮮の政権交代を狙う米国の戦略

2017年7月31日 北朝鮮の経済が堅調に推移している不思議
2017年7月30日 北朝鮮問題,米朝直接対話は可能なのか
2017年7月29日 対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル
2017年7月28日 南シナ海,中国覇権に対する行動,何が有効
2017年7月26日 南シナ海はスカボロー岩礁が焦点
2017年7月25日 南シナ海の波乱,再び顕在化,武力のみか
2017年7月23日 カタール危機,実はヘリウム供給に問題あり
2017年7月22日 航空機がガソリンで飛ぶ限り,原油価格が世界支配
2017年7月20日 太陽光エネルギーの進化は,石炭石油を滅ぼすか
2017年7月19日 元通産省水力課長鈴木篁氏の訃報,水力に多大の貢献
2017年7月18日 米国は貿易赤字解消のために,シェールガスを切り札に
2017年7月17日 米朝直接対話の機会は,徐々に醸成されつつある
2017年7月16日 香港の一国二制度は,2047年まで
2017年7月15日 ノーベル平和賞賞者の劉暁波氏が死去,遺灰でもめる
2017年7月14日 支持率,安倍首相とトランプ大統領の争い
2017年7月13日 安倍一強,崩れるか,政治の安定がほしい
2017年7月9日 安倍首相が習近平主席に,一帯一路に協力的発言
2017年7月8日 トランプのワルシャワ演説,日本メディアは殆ど無視
2017年7月7日 トランプのワルシャワ演説の衝撃,「欧州防衛は自由を守るという意思の問題」
2017年7月6日 北の核容認論,徐々に主流の考え方に
2017年7月2日 インドとの同盟関係構築,忘れ去られていないか
2017年7月1日 第3次大戦で生き残るのはブータン,スイス

2017年6月30日 トランプ政権がエネルギー覇権を目指す
2017年6月29日 アメリカが「世界最強の資源国」になる日,現代ビジネス
2017年6月28日 トランプ政権は中国の覇権拡大に対処する気はあるのか
2017年6月27日 日本近海のメタンハイドレートは開発可能か
2017年6月25日 「一帯一路」,国際社会から信頼を獲得していくことが必要
2017年6月24日 東芝問題は半導体のみならず原発問題も
2017年6月23日 中国が本性むき出しに,覇権国家への歩み
2017年6月22日 中国は北朝鮮を説得できない,米朝協議を待つ
2017年6月21日 韓国や台湾の脱原発が意味するもの
2017年6月17日 親日国タイの急速な日本離れを憂う,中国鉄道建設
2017年6月15日 原発の耐用年数は短い,60年以上が可能では
2017年6月14日 地球は石炭で出来ている,エネルギーの永遠のテーマ
2017年6月12日 将来の水素社会と、現在の電気社会、どう選択する
2017年6月7日  一帯一路,日本の協力は,採算性重視で
2017年6月6日  CCSが可能なら,話しが全部違ってくる,石炭火力
2017年6月5日  水素社会,エネルギーの輪廻に,理解困難
2017年6月4日  南シナ海問題,ティラーソン長官が中国非難演説
2017年6月3日  トランプ,パリ協定離脱,温暖化は大波に揺れる笹舟
2017年6月1日  ミッドウエー生き残りの瀧本さんが残したもの

2017年5月31日  中国は石油完全禁輸はできない,北の核が北京に
2017年5月30日  米朝協議,その機会を狙って動く,トランプ政権
2017年5月29日  前川さん,卑怯だと思う,丸腰の人に銃を向ける
2017年5月28日  G7,中国外務相会見,「中国のあら探しばかり」
2017年5月26日  インド,シルクロードに挟撃,日本は手を差し伸べて
2017年5月25日  インドのモディ首相,中国の一帯一路に,強烈な肘鉄
2017年5月24日  北朝鮮問題は米朝対話が基本,中国に出口戦略はあるのか
2017年5月23日  なぜ北のミサイルを迎撃しない,疑問が多発
2017年5月21日  金正恩,慰安婦像で,日本を無闇に刺激するな
2017年5月20日  米朝協議こそが基本,北の核は米国の元で温存
2017年5月19日  憲法の耐用年数は3世代以上,現今の理想論は排除せよ
2017年5月18日  北朝鮮を早くこちらに取り込もう,ロシアの前に
2017年5月17日  北朝鮮,森友,もう飽きた,次は一帯一路構想
2017年5月14日  一帯一路,中国の経済覇権に,日本はどう対応するか
2017年5月12日 岩礁占拠はやめろ,と言えるぐらいの国になりたい,沈黙はもう嫌
2017年5月10日  北朝鮮は失うものがない,日本の失うものは巨大
2017年5月7日  北朝鮮の核容認論が,各所で火を噴いている
2017年5月6日  北の核開発の「凍結」が,米朝対話の条件となり得るか
2017年5月5日  中国の対北説得の失敗と,米国の,「北の核容認論」
2017年5月4日  北朝鮮が中国を激しく非難,米朝協議は地下に潜る
2017年5月3日  米朝協議の後の米中の軍拡競争が怖い
2017年5月1日 米国海軍に取り囲まれたのでは,中国も気持ちが悪い

2017年4月30日 ASEANはドウテルテ大統領の主導,南シナ海を守れ
2017年4月29日 先ずソウル市民を100キロ後方へ移動させよ
2017年4月27日 環球時報,ピンポイントか38度戦超えか,米朝協議は
2017年4月23日 米韓が38度線を越えれば中国参戦
2017年4月22日
 米朝協議までは一直線,非核化は無理
2017年4月21日  金正恩が日米経済と連携する手腕を注視
2017年4月20日 日米の真の問題,北朝鮮ではなく,南シナ海など中国の覇権
2017年4月19日  金正恩は核の米国管理に同意すると思う
2017年4月18日  北問題は意外な方向に転換する,中国包囲網
2017年4月17日  戦争は起きないだろう,でも,日中は難しい局面に
2017年4月12日  北朝鮮の全人代開催,金正恩出席,斬首の好機だったか
2017年4月11日  北への600発のミサイル,拉致被害者,私なら行く
2017年4月9日  シリア攻撃のサプライズに習近平主席の反応は
2017年4月8日  米中会談成果なし,と報じている,北朝鮮派生き延びるか
2017年4月7日  米中首脳会談前夜,フィリッピンの南シナ海変節,東芝売るな
2017年4月4日  北朝鮮はどの国にとって危険なのか,日本は
2017年4月1日  保護主義と自由主義の衝突,と中国は言う,攻守全くところを変えての論戦

2016年1月1日 原油価格,国際通貨危機への懸念
2016年1月2日 王毅外相,日本は中国と張り合おうと思うな
2016年1月3日 シェール革命と地球温暖化の矛盾
2016年1月4日 電力自由化,4月からの小売り参入100社以上
2016年1月5日 「一億総特攻」と「一億総活躍」の違いは
2016年1月6日 中東危機の責任は一にかかってオバマ
2016年1月7日 サウジとイランの関係は悪化の一途
2016年1月9日 原油も株も北鮮も,米中の責任なすり合い
2016年1月10日 電力自由化,高くて不安定,誰が買うのか
2016年1月11日 中東の警官役,中国は肩代わりできるのか
2016年1月12日 再生可能エネルギー,独立出来るか
2016年1月13日 全面電力自由化に備え合従連衡が進む
2016年1月14日 中国,原子力作業台船を建造,遠洋島嶼問題
2016年1月15日 関西電力の原発との心中作戦,成功か
2016年1月16日 電力全面自由化,電気はどこから来るの?
2016年1月17日 再度,電力全面自由化,供給責任は誰がとるのか
2016年1月18日 イランの制裁解除,更なる原油安に拍車
2016年1月19日 原油恐慌と中国経済の危機管理
2016年1月20日 習近平主席が中東を訪問へ
2016年1月21日 全面電力自由化に於ける供給責任について
2016年1月22日 中国経済の二面性に注目,日本への影響
2016年1月23日 一億総特攻と一億総活躍,どう違う
2016年1月24日 中国がイランに原発2基建設を支援
2016年1月25日 中国,粗鋼石炭など供給サイド改革へ
2016年1月26日 高浜原発の再稼働は29日か,周辺避難計画要
2016年1月28日 電力自由化に対する2016年の課題
2016年1月29日 激戦地フィリッピン,天皇の慰霊が続く
2016年1月30日 原発再稼働で廃棄物処理の進展を期待する
2016年1月31日 東北津波に備える大規模防波堤

2016年2月1日 銀行のマイナス金利は納得できない
2016年2月2日 電気自動車は北京の大気汚染を救えない
2016年2月3日 電力全面自由化の根幹が理解できない
2016年2月7日 全面自由化の世界に於ける電源開発
2016年2月8日 北朝鮮ミサイルに対峙する日本政府,大丈夫か
2016年2月9日 原油価格はどこに収斂するのか,10年は変わらず
2016年2月10日 電力自由化で料金低下の難しさ
2016年2月11日 中国経済や原油価格暴落のせいにするな
2016年2月13日 ベトナム,石炭火力開発しない,宣言
2016年2月15日 準備が進む全面電力自由化
2016年2月16日 分かった,電力小売り自由化のメカニズム
2016年2月17日 シリアの惨状を嘆く,大国の責任
2016年2月19日 モロッコの太陽熱発電,電気料金は
2016年2月23日 原子炉の廃炉など,技術者の永続性に危惧
2016年2月24日 電力自由化は当面隙間産業と理解すべきか
2016年2月25日 電力自由化と広域系統運用の拡大
2016年2月27日 大きな虎が逃げて兎狩りに追われる
2016年2月28日 再生エネは電力全面自由化には対応できない

2016年3月1日 高浜4号機の連続トラブルは困る
2016年3月2日 電力自由化の電力調達の議論
2016年3月4日 沖縄の辺野古,急転,県と和解成立か
2016年3月5日 自由化後の大手電力の義務が理解困難
2016年3月6日 沖縄の基地問題はどこに行く
2016年3月7日 聖火台はスカイツリーの天辺に
2016年3月8日 2050年バラ色の日本,人口1.5億人
2016年3月9日 電力自由化,電気不足への対策は
2016年3月10日 高浜運転差し止め命令の衝撃
2016年3月11日 日本は水素社会の実現を目指しているのか?
2016年3月12日 中国エネルギー消費量,ピークアウトか
2016年3月13日 人工知能囲碁が人間を破った
2016年3月14日 東京一極集中,消費者庁移転,大阪副首都化
2016年3月15日 直撃,マイナス金利,エコノミストのお遊びか
2016年3月16日 曇る賃上げの春に,「これは謀反だな」
2016年3月18日 東芝よ,再び日本の技術牽引の日を待っている
2016年3月19日 ダブル選,シニアと若者の対立か,「死ね」,インパクト
2016年3月20日 中国,メコン川干害へ,ダム放流
2016年3月22日 原油生産量1日あたり約80万バレルが 「行方不明」
2016年3月23日 高浜,原発運転差し止めに思う
2016年3月24日 中国とインドの間に横たわるネパール,争奪戦
2016年3月27日 いよいよ,すべてが,春に向かって発進
2016年3月28日 メコン流域に進出する中国,タイの微妙な対応
2016年3月29日 日経の,「エネルギー,貯めない技術」
2016年3月30日 太陽光は耐用20年でKWh25円まで下がった
2016年3月31日 北東アジア電力融通構想

2016年4月3日 高浜差し止めの余波,関電の社長人事
2016年4月4日 美しき国へ,原発技術は中国依存か
2016年4月7日 黒塗りTPP資料とパナマ文書の暴露
2016年4月8日 2050年,「日本は世界一の超大国になるのか」
2016年4月9日 日本の政治は余りにも姑息ではないか,2050年問題
2016年4月11日 2050年の超大国論,高速炉の導入
2016年4月12日 米国の国益重視,2050年の大国論
2016年4月13日 結局,沖縄問題が日本の変革をもたらすのか
2016年4月14日 沖縄独立論は相当にリアルである
2016年4月18日 産油国会合、意見割れ協議継続へ
2016年4月20日 沖縄独立論で説明不足の混乱
2016年4月24日 電力自由化,なぜ値下げ幅は低いのか?
2016年4月27日 熊本地震と原発の運命,仙台,玄海,伊方
2016年4月29日 日本は今でも中国発展にプラスになっているのか
2016年4月30日 海に浮かぶ原発,中国が20基の建設を計画

2016年5月1日 中国国連大使,米韓演習中止で北核開発中止
2016年5月3日 巨大タンカー83隻が現在中国を目指している
2016年5月4日 ミャンマーのダム建設,政権の試金石へ
2016年5月5日 自動車運転の自動化,囲碁の人工知能
2016年5月7日 トランプ旋風で右往左往の日本の政治
2016年5月11日 87歳で500万円で歯を全部インプラント
2016年5月13日 日本の海外投資のリターンは20兆円に
2016年5月14日 熊本大地震の黒川第一発電所
2016年5月15日 中国経済の行方に情報集中
2016年5月19日 原油価格回復とナイジェリアの無法地帯
2016年5月20日 怒江,中国で唯一ダムのない川
2016年5月21日 原油安に潜む大型リスク,日本に危機感
2016年5月22日 英コンサル,石炭火力,日本最悪
2016年5月23日 中国放棄か,ベネズエラ高速鉄道計画
2016年5月24日 「浮かぶ原発」,中国の原発開発の本気度
2016年5月25日 原子力損害賠償制度はどうあるべきか
2016年5月26日 「空中」走るような中国の新交通システム
2016年5月29日 世界の安定へ重くなるG7の役割
2016年5月30日 増税は敢行すべき,景気対策で
2016年5月31日 関電原発仮処分,補償要求が成立するか

2016年6月1日 アジア大国のためには増税すべきだった
2016年6月2日 中国もインドも,最終的には水不足の危機
2016年6月3日 対中関係に苦慮,ミャンマーのスーチー
2016年6月4日 カーター国務長官,土俵際で反撃
2016年6月5日 インドネシアの不実,でも日本は進む
2016年6月6日 南シナ海問題が国際世論の俎上に
2016年6月7日 いつまで続くフンセン政権,カンボジア
2016年6月8日 中国の海洋覇権が我がエネルギー自立を促す
2016年6月9日 米国の石油生産トップは2年続き
2016年6月10日 インドの周辺関与強化が波紋広げる
2016年6月11日 「半導体」で軍事強化を狙う中国
2016年6月12日 日中ロボット戦争勃発か,独ロボット
2016年6月13日 桝添問題,だらしないのは都議会議員
2016年6月15日 「だらしないのは都議会議員」,反応なし
2016年6月16日 中国軍艦,「南シナ海の深海と連動」説
2016年6月18日 近く起こり得る世界の大規模軍事衝突
2016年6月20日 沖縄の立場や尖閣など,エリート理解せず
2016年6月22日 尖閣は自分で護る,米国にそう言えと
2016年6月23日 英国のEU離脱,19世紀を感ずる
2016年6月24日 「日本は一夜で核開発可能な能力」
2016年6月25日 南シナ海は日本の自衛権上存立危機」か
2016年6月27日 英国離脱,中国のEU接近に赤信号
2016年6月28日 あの憲法9条でよくここまで来れたな
2016年6月29日 南シナ海は世界の海上輸送の半分,5兆ドル
2016年6月30日 反グローバルか,英国離脱は世界の潮流


2016年7月1日 核燃料サイクルが危機,藤洋作氏出馬か
2016年7月3日 海外現場でいや増すテロの危機感
2016年7月4日 日銀金融緩和は「インパール作戦」か
2016年7月5日 南シナ海の波高く,再び米艦
2016年7月7日 電力小売り自由化のインパクトは小さい
2016年7月9日 参院選,南シナ海,中国インフラ,電力自由化
2016年7月10日 参院選,公明党とおおさか維新の対自民,茨国
2016年7月12日 核先制不使用,南シナ海国際裁判
2016年7月13日 中国,実効支配で対抗,軍事拠点化
2016年7月15日 ハーグ後の米国,中国の海外投資とテロ,新宝塚
2016年7月16日 トルコ「クーデター失敗」,安倍・李克強会談
2016年7月17日 裏磐梯の悲劇,北京の沖縄国際会議
2016年7月18日 トルコ騒乱は危機一髪,南シナ海の中国の姿勢
2016年7月20日 孫正義,トルコで北京激震,LNG中東へ逆流,大橋巨泉
2016年7月21日 リニア大阪2037年,102歳,押し返すインド外交
2016年7月23日  高速鉄道商戦 日中再び火花,,梅田会議,新宝塚
2016年7月24日  公明の加憲,ミャンマーの翡翠, ASEAN外相会議
2016年7月26日  昭和19年生友人達,中国ASEAN分断,吉か凶か
2016年7月27日 南シナ海,中国が米国に支援要請,一転沈静化を図る
2016年7月29日  日本のエネルギー基本政策と原発
2016年7月30日  中国,空母6隻体制,半導体自給体制,英国の原発
2016年7月31日  南シナ海で苦境の習主席,IoTもののインターネット

2016年8月2日  電力自由化,遭遇する困難,関電の仮想発電所
2016年8月3日  内閣改造,スリランカが中国で迷い,英新政権と中国
2016年8月4日  日本人の多くは,将来の中国との関係に,大きな関心
2016年8月6日  憲法9条改正論,議論の難しさ
2016年8月7日 タイの新幹線,中国発「鉄冷え」,アフリカ市場
2016年8月9日  英中関係に混乱,中国の「もののインターネット」
2016年8月10日 トルコとプーチン,英国原発,中国新幹線
2016年8月11日 中国大使が英政府に抗議,国内では反原発運動激化
2016年8月12日 米中首脳会談9月,尖閣沖事件,送電網解放
2016年8月14日  中国インフラ投資と外交政策,新大阪ゴルフ
2016年8月15日  終戦記念日,核廃棄物どうする,英国中国原発,
2016年8月16日  尖閣沖波高く,豪州の苦悩,英国原発
2016年8月17日 スーチー北京へ,豪送電網と中国企業,南シナ海公海
2016年8月19日  ミャンマーの抱える民族問題,新宝塚オープン
2016年8月20日   21世紀の日本は「ダム」によって救われる
2016年8月21日  21世紀は大陸国家と海洋国家の対立
2016年8月23日  アベノミクスの転換が迫られている,茨木国際オープン
2016年8月24日  東アジアも悩む核廃棄物処理,中国浮体原子炉
2016年8月26日  フィリッピンの南シナ海誤解,新宝塚オープン
2016年8月27日  尖閣諸島問題はどう始末するか,台風10号逆戻り
2016年8月28日  夢の成功国家,実現への秘策は,2050年
2016年8月29日 台風は関東へ,世界大乱の兆し,中国原発開発
2016年8月30日 老いる米国,最強経済を覆う停滞の影,電力自由化
2016年8月31日  とっても困る,とられても困る,尖閣の向かう先

2016年9月1日  新潟県泉田知事退任報道,廃棄物400年
2016年9月3日  ダムは国産エネルギー,英国原子炉,新宝塚
2016年9月4日  中国,パリ協定合意,G2構想にくさび,
2016年9月6日 G20終わる,英国は,フィリッピンは,茨木国際オープン
2016年9月7日  三反園知事原発反対,働き方改革
2016年9月9日  南シナ海で中国切り抜ける,新宝塚オープン
2016年9月10日 囲碁三段への挑戦,北朝鮮の無頼
2016年9月11日  中国の半導体産業革命,中国にとって北朝鮮とは
2016年9月13日  北朝鮮は中国へ事前通知,茨木国際オープン,囲碁三段
2016年9月15日  日本のインフラは資産か,米比関係の危うさ
2016年9月16日  梅田に賢人集合,英国中国原子炉容認,ドウテルテは日本びいき
2016年9月17日  京都一周,民進党人事,ドウテルテは殺人犯
2016年9月18日  世界の華僑4千万人,フィリッピンの大統領
2016年9月19日  明日の台風,日中の経済連携,産経の石原さん
2016年9月20日  台風16号,中国との経済連携探る,ドウテルテ何処へ
2016年9月21日  豪栄道,高速増殖炉は何処へ,中国経済
2016年9月22日  高速増殖炉の立地問題,再考を望む,3点あり
2016年9月23日  政府と日銀の「総力戦」開始,国の防衛,
2016年9月25日  北朝鮮問題で元CIA長官強硬発言,豪栄道優勝
2016年9月27日  米大統領テレビ討論のエネルギー,茨木国際オープ
2016年9月28日  ドウテルテ大統領訪中確定せず,中印国境,眼科検診
2016年9月29日  やっと分かったか,電気自動車に発電所必要
2016年9月30日  タイと中国の鉄道協力,日中が激しい争い

2016年10月1日  フィリッピン経済の行方,ドウテルテ大統領の素性
2016年10月2日  北方領土交渉,「深夜の男」,プーチン
2016年10月3日  ブラマプトラ河上流チベット領内の中国ダム建設
2016年10月4日  大隈さんの医学生理学ノーベル賞,台風発電
2016年10月5日  日本は圧倒的に不利な条件でも経済大国になった
2016年10月6日  ドウテルテがアジアのバランスを決めるのか
2016年10月8日  豪州が裏庭と見なす南太平洋,中国企業の進出に悩む
2016年10月10日  「援蒋ルート」経済動脈として復活,ミャンマーと中国
2016年10月11日  「もののインターネット」,何処まで進む
2016年10月12日  再び台風発電,ドウテルテを後見人が否定
2016年10月13日  タイのブミポン国王,不安定,バンコクで株価が急落
2016年10月15日  哀悼,ブミポン国王,インドネシアは領海で戦う
2016年10月16日  習近平主席がプノンペン訪問,4年ぶり
2016年10月17日  ドウテルテ大統領,暴言の陰に「TPP漂流」
2016年10月19日  極東から電力輸入構想、プーチン大統領自ら要望
2016年10月21日  「フィリッピンは米国との軍事経済の関係を打ち切る」
2016年10月22日  シリアのアレッポ,爆撃の惨状に,目を覆いたくなる
2016年10月25日  ドウテルテ大統領来日,八鹿高校同窓会
2016年10月26日  ドウテルテ大統領,「来月も日本に呼んでくれ」
2016年10月28日  急増する中国の海外投資,ドウテルテ帰国,新宝塚オープン
2016年10月30日  シェールの技術革新,石油市場を左右,2020年がピーク

2016年11月1日  中国の海外企業買収,揺れ動く東南アジア
2016年11月2日  「核心」か民主主義か,物価上昇限界,新潟県問題
2016年11月3日  インドとの事業が思うように進まない,日本人の交渉力
2016年11月5日  タイの石炭火力に中国参入,波乱含み,漁民反発
2016年11月6日  中国が時速600kmリニアへ,パリ協定の実効性に疑問
2016年11月8日  戦うトランプ,習近平主席,安倍さんもTPPで
2016年11月9日  トランプ勝利の衝撃,東南アジアのLNG急増
2016年11月10日  トランプの反グローバル,パリ協定の行方,原発輸出
2016年11月11日  トランプのサイトから除外されたもの,イスラムとパリ
2016年11月13日  米国の人種構成の変化に注目,世界でも人種寿命があるか
2016年11月14日  トランプ大統領」に意気込む習近平主席,沖縄基地は
2016年11月16日  米新大統領で揺らぐパリ協定,中国の一帯一路
2016年11月17日  インド洋要衝のスリランカ,中印の板挟みに,首脳交代劇
2016年11月18日  接近する日本とインド,警戒する中国,米の海軍増強
2016年11月29日  米国の時代は終わった,世界の新秩序は中国がつくる
2016年11月20日  パキスタン 親中路線に不安の声も,トランプ,保護主義の行方
2016年11月22日  トランプ外交で中東に危機, アジアの貿易岐路,日露暗雲
2016年11月23日  打ち砕かれたTPP,トランプ氏「米国第一」,対中政策を待ちたい
2016年11月24日  トランプ氏が中国制圧決意,「通貨・貿易戦争」辞さず,か
2016年11月25日  興流インド,膨らむ中間層,消費牽引,2020年に8億人
2016年11月27日  トランプ新政権,世界のエネルギー事情はどう変わる
2016年11月28日  トランプを支える極右メディア,習近平の「核心」も狙う強権
2016年11月29日  東南アジア政治はどうなるか,安倍首相の地球儀俯瞰外交
2016年11月30日  電力自由化の中の供給力確保,トランプノミクスを読む

2016年12月1日  私に見えた日露会談,領土不可能,核廃棄物
2016年12月2日  北方領土,安倍プーチン会談,核廃棄物処理場は
2016年12月3日  プーチン大統領演説、北方領土は触れず,核廃棄物処理
2016年12月4日  日露首脳会談,核廃棄物プロジェクト,議題に載るはず
2016年12月5日  使用済み核燃料,放射性廃棄物,択捉へ
2016年12月8日  日米開戦,プルトニウム監視問題,トランプの対中行動
2016年12月9日  日露会談迫る,谷内局長官邸へ,経済協力と核廃棄物
2016年12月10日  使用済み核燃料の最終処分地,安倍プーチン会談の行方
2016年12月11日  シベリア核廃棄物最終処分,米露の間には核軍縮協定,何とかならないか
2016年12月12日  日露首脳会談,1000億円基金,エネルギーと核廃棄物
2016年12月13日  プーチン来日間近,トランプはアジアで中国の台頭を許すのか
2016年12月14日 プーチン強硬姿勢,米エネ長官は温暖化に疑問
2016年12月15日  「北方領土に米軍基地」問題で暗転,プーチンまた遅刻か
2016年12月17日  日露首脳会談,成果は,エネルギーと安全保障
2016年12月18日  日本の資源外交は,米中ロの間に漂う,中東と南シナ海
2016年12月20日  日本とロシアのエネルギー協力が加速,最終処分場へ
2016年12月22日  核のごみ,近づく地層処分 欧州、2020年代実現へ研究,シベリア
2016年12月23日  択捉島の原発密約,中国の原発開発技術、世界をリード
2016年12月24日  何故,日本が「強大な軍事力を持つ中国を恐れないのか
2016年12月25日  軍拡競争起こればいい、米国は勝つ─トランプ氏
2016年12月26日  核のゴミ処分地,海底案の検討開始,南鳥島も
2016年12月27日  トランプは中国とどう戦うのか,明確な競争相手と位置付けるべき
2016年12月28日  世界の原発は新増設続く,大手「アレバ」に出資する「三菱重工」
2016年12月29日  トランプ氏の「一つの中国」見直し論がもたらす衝撃,米中は対決の時代へ
2016年12月30日  資源塩漬け,海の既得権,業者「国費で試掘」待ち,ガス無機説
2016年12月31日  ミャンマーのミッソンダム,迫る中国,迷うスーチー

2017年1月1日  揺れる世界と日本,自由主義の旗守り,活力取り戻せ
2017年1月2日  原発推進国の中韓,地震対策 日本の原子力規制委意見
2017年1月3日  揺れる世界と日本,アジアの安全保障に新しい息吹を
2017年1月4日  大転換に備えよ,自由の気風・気概を羅針盤に ,緊張高まる南シナ海
2017年7月5日  橋下徹,三浦瑠麗,論客の戦争論に異議あり
2017年1月6日  日中が推進する原発輸出,南シナ海で米中空母激突か
2017年1月8日  ベトナム変革の行方,中国が深海データ軍事利用,中国と鉄鋼摩擦
2017年1月9日  南シナ海軍事拠点化,台湾海峡緊張,北朝鮮ミサイル
2017年1月11日  朝鮮の核開発を阻めるのは日本の核武装宣言
2017年1月12日  アレバの放射性廃棄物シベリア投棄,ロシアは歓迎
2017年1月13日  トランプ記者会見の失望,イラン,ホルムズ海峡が危ない
2017年1月14日  トランプとロシアの「疑惑文書」,核廃棄物のシベリア案
2017年1月15日  トランプ次期大統領 「1つの中国」見直し改めて示唆
2017年1月16日  トランプ氏「一つの中国」見直しも 通商・為替で圧力
2017年1月17日  米議会証言,南シナ海基地への接近を阻む
2017年1月18日  フィリピン,中国の武器配備を批判,南シナ海の人工島
2017年1月19日  トランプ新政権に備え「防衛費増を」 民間から次々提言
2017年1月20日  世界がまもなく直面する史上最大のリスク,トランプ
2017年1月22日  エネルギー問題,分断とねじれ、トランプの米国はどこへ行く
2017年1月24日  我が道行くトランプ氏,「米国第一」へ即行動,英国とイスラエル
2017年1月25日  再び日本車たたきか,米中悪化で負け組はGM
2017年1月26日  米新政権,国際機関拠出金削減,マティス極東へ
2017年1月28日  米英首脳が初会談,トランプの大転換で沖縄米軍は台湾へ移るか
2017年1月29日  真子様ブータンへ,ブータンの軍事権と外交権はインドが
2017年1月31日  トランプ氏,「電話外交」攻勢, 対中国,南シナ海・貿易焦点

2017年2月2日  日本の対中OD以降,日中対話継続で,南シナ海は防げたかも
2017年2月3日  暴走トランプ氏、米政権幹部が,狂犬来日に中国が挑発仕掛ける恐れ
2017年2月4日  マティス氏、韓国次期政権を恫喝,南シナ海のカジの構想
2017年2月5日  韓国「赤化」危機,次期大統領選,「反日」「従北」の文在寅氏
2017年2月7日  北朝鮮暴発寸前,韓国外交の漂流はいつまで続く
2017年2月8日  米国防長官,対中国政策転換を予告,南シナ海へ軍艦派遣加速へ
2017年2月9日  トランプは入国禁止令の裏で「宣戦布告」,シリア侵攻に突き進むトランプ政権,三塚結婚
2017年2月10日  日米同盟強化の具体的ビジョンを期待するトランプ政権,尖閣は自分で護れ
2017年2月11日  日米首脳会談,直前の米中電話会談,ユダヤの関係
2017年2月12日  日米会談,対中戦略強化合意,トランプ氏,直前に習氏と電話会談,したたか
2017年2月14日  安倍首相とトランプ大統領の「長い週末」中国メディアはどう報じたか
2017年2月16日  北朝鮮の核問題,トランプ政権下で最悪の事態も
2017年2月17日  中東情勢一変か,エルサレム問題と,二国共存,日本も同じ
2017年2月18日  日米同盟,何故日本は核の傘が必要なのか
2017年2月23日  マレーシアに中国の植民計画,まず100万人
2017年2月24日  金正恩は金正男暗殺事件の波紋に驚いた,小国意識
2017年2月25日  日産再生の立役者 空飛ぶCEOゴーン氏の次の決断は
2017年2月26日  日本の人 口は西暦2500年に「千名になる」と中国紙

2017年3月1日  中米対話で北朝鮮問題は非常に切迫している,日本は
2017年3月2日  対北朝鮮ミサイル防衛に中国が神経を尖らせる本当の理由
2017年3月3日  中国は侮れない,トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容
2017年3月5日  日米同盟は本当に生き残れるか,日本の当局者は不安だらけ
2017年3月8日  北朝鮮への先制攻撃はあり得るのか,難しい
2017年3月9日  THAADを韓国に配備,北朝鮮のミサイルに対応できるのか
2017年3月10日  中東和平交渉は後退するのか,トランプ発言が意味するもの
2017年3月11日  韓国紙が日本に学べと,中国の制裁への忍耐力,THAAD問題
2017年3月12日  中韓関係の悪化,韓国次期政権の行方,イージスは
2017年3月14日   北緒運問題解決への糸口,首領主義への破壊作戦
2017年3月15日  地球温暖化問題は虚像だ,局地的な大気汚染を標的にせよ
2017年3月16日  中国が日本の南シナ海航海で,通常航海のみと念を押す
2017年3月17日  森友は止めて北朝鮮を考えよう,でも大腸検査痛かった
2017年3月19日  安倍内閣の農業特区,私は養父市の出身
2017年3月20日  北のミサイルが米本土直撃まで何も出来ない
2017年3月22日  トランプの変心,中国と米国は協調へ,日本は誇れる努力をしよう
2017年3月23日  政府は東芝を護れ,半導体と原発技術は,日本の次代を担う
2017年3月26日  米中妥協の中,日本の誇りを何処に求めるのか,卑屈になるな
2017年3月27日  米中が南シナ海で妥協なら,日本は独自路線で,永田町解散浮上
2017年3月28日  米中に侮られないだけの技術と誇りを確保して,時代に引き継ぎたい
2017年3月29日  来月4月の米中会談は中国の描く世界が浮き彫りに
2017年3月30日  中国の勝利,安保理が一帯一路構想を決議
2017年3月31日  米中首脳会談,南シナ海,北朝鮮,温暖化,どうする


元に戻る

関連写真等蓄積場


元に戻る

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
************************************************************************************************


元に戻る


**************
Current crude oil price (return to top)


原油価格







**************
Coal price (under construction)


**************
Natural gas price (under construction)


**************
Steel market price (return to top)
(by Sangyoshinbun,please click picture zone)
http://www.japanmetal.com/memberwel/marketprice



updated on 161005
元に戻る

igo**********************************************************i

囲碁動画集



元に戻る
golf*********************************************************j

ゴルフ動画集



元に戻る
pol*********************************************************k

政治動画集


終端
元に戻る



Indonesia, Thailand, Philippines, Vietnam, Cambodia, Laos, Myanmar, Malaysia, China,
India, Pakistan, Nepal, Bhutan, Srilanka, Turkey, Morocco, Peru, Brazil
Nigeria, Ethiopia, Ghana, Angola, Tanzania, Syria
Rakuten, Amazon Japan, Amazon English, Access, Webmaster, dti, au, Youtube
Bangkok Post, Manila Bulletin, Jakarta Post, Economic Times, Xinhua, Yunnan,
New Light of Myanmar, Vientiane Times, Vietnam Net, KPL, Phnom Penh Post,
TheNews, NepaliNews, Kuensel, SrilankaDaily, Bangladesh
Zakzak, Nikkei, Google News, Energy Japan, Sankei, toyota
Southeast, India, China, Africa, South America
iGoogle, Twitter bitly, TwitterRank, Mtsui, Ottava, Yahoomusic, Gyao,
Rakuten, Visa, View, Poket,
melonpanmag2melmalivedoornifty

通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|
|
海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|
|
成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット| | 鈴木篁氏] | 上海日記 |

全文終端 元に戻る

mail, calender, liedoor, niftyrakuten, amazonfacebook, twitteryoutube,google,house, ebookmyjcom
kyokutochina, energy, india, shoeten, google, mailfacebook, twitter, mag2melmalivedoor



DTI


https://youtu.be/bffJQEloGwY

https://youtu.be/bffJQEloGwY